ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 会話・協働・ナラティヴ アンデルセン・アンダーソン・ホワイトのワークショップ

  • 会話・協働・ナラティヴ アンデルセン・アンダーソン・ホワイトのワークショップ

会話・協働・ナラティヴ アンデルセン・アンダーソン・ホワイトのワークショップ

  • タピオ・マリネン/編 スコット・J・クーパー/編 フランク・N・トーマス/編 小森康永/訳 奥野光/訳 矢原隆行/訳 小森 康永
    1960年岐阜県生まれ。1985年岐阜大学医学部卒業。同大学小児科に在籍。1995年名古屋大学医学部精神科へ転入後、愛知県立城山病院に勤務。現在、愛知県がんセンター中央病院緩和ケアセンター長

    奥野 光
    1974年愛媛県生まれ。1997年国際基督教大学卒業。2002年名古屋大学大学院教育学研究科単位取得。以後大学の学生相談に従事。現在、二松学舎大学学生相談室専任カウンセラー(臨床心理士・大学カウンセラー)

    矢原 隆行
    1968年宮崎県生まれ。1991年九州大学文学部卒業。2000年九州大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。現在、広島国際大学医療福祉学部教授

  • ISBN
    978-4-7724-1445-6
  • 発売日
    2015年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,200 (税込:3,456

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は、心理臨床・ソーシャルワーク領域で注目を集める「ナラティヴ・アプローチ」の三人の創始者たちが、フィンランド・ハメーンリンナで一堂に会した最初で最後のワークショップの記録である。「問題/治療」の脱構築を通して既存のセラピーが拠って立つ基盤に新たな光をなげかけ、協働的なプロセス/協働的な言語を追求してきた三人の“コラボレイショニスト”たち。来歴の披露、ケースの供覧、率直な議論、そしてリフレクションからなる“マスターズ”の貴重な饗宴を通して、「セラピスト」の新たな責任と倫理が浮上する。
目次
1 オープニング・トリアローグ
2 トム・アンデルセン 言葉―さまざまな宇宙を旅する(岐路
凍りついたあり方といきいきしたあり方 ほか)
3 ハーレーン・アンダーソン―コラボレイティヴ・アプローチの可能性(知りたがりのロージー―一人の生涯学習者として
基本前提 ほか)
4 マイケル・ホワイト―治療的会話の足場作り(阻止された自発性の耐久性
発達の最近接領域 ほか)
5 クロージング・トリアローグ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 会話・協働・ナラティヴ アンデルセン・アンダーソン・ホワイトのワークショップ
  • 会話・協働・ナラティヴ アンデルセン・アンダーソン・ホワイトのワークショップ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中