ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 小林秀雄の後の二十一章

  • 小林秀雄の後の二十一章

ポイント倍率

小林秀雄の後の二十一章

  • ページ数
    542p
  • ISBN
    978-4-344-02806-7
  • 発売日
    2015年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,500 (税込:5,940

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 言葉の再生こそが、日本と日本人の再生である。小林秀雄亡きあと途絶した文藝の復興に挑む、気鋭の文藝評論家の第一評論集。著者・小川榮太郎氏は、『約束の日――安倍晋三試論』などで頭角を現し、いまや気鋭の保守系論客として活躍する。政治・外交問題についても積極的に発言を続けるが、その真の憂慮は「この国の危機は政治や経済にあるのではなく、国語の空虚化、文学の衰退こそが、最も深刻な危機である」というところにある。本書は、小林秀雄の正統な後継者として日本語と日本文学の再生に挑む、真摯な野心にあふれた書き下ろし文藝評論集である。
目次
1(靖國で歌つた「君が代」
日本の國家像、それ以前の話 ほか)
2(石村利勝君の詩
ルソー『告白』―無私の精神と「近代」 ほか)
3(平野啓一郎『決壊』―戦後レジームの「決壊」としての、
川端康成『古都』―龜裂と抒情
日本語といふ鬼と偉さうな男たち―水村美苗『日本語が亡びるとき』熟讀)
終章(天上の序曲「もう何も言はぬ」の後に―靈界鼎談 小林秀雄・福田恆存・三島由紀夫)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 小林秀雄の後の二十一章
  • 小林秀雄の後の二十一章

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中