ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 問題解決に効く「行為のデザイン」思考法

  • 問題解決に効く「行為のデザイン」思考法

問題解決に効く「行為のデザイン」思考法

  • 村田智明/著 村田 智明
    デザイナー/プロデューサー。京都造形芸術大学教授大学院SDI所長。株式会社ハーズ実験デザイン研究所代表取締役。1959年、鳥取県境港市生まれ。1982年に大阪市立大学工学部応用物理学科卒業後、三洋電機株式会社デザインセンター入社。1986年にハーズ実験デザイン研究所を設立、プロダクトを中心に広範囲なデザイン活動を行う。現在は神戸芸術工科大学客員教授、九州大学非常勤講師のほか、2011年から京都造形芸術大学大学院にて、デザインで社会問題を解決するSDI(ソーシャルデザイン・インスティチュート)を開講し、所長をつとめている

  • ISBN
    978-4-484-15221-9
  • 発売日
    2015年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人の行動に着目し、改善点を見つけてより良く、新しい形を見つけていくデザインマネジメントの教科書。パナソニック、富士通、コクヨファニチャー、アップリカ、日本能率協会など多くの企業が導入、実績を上げた考え方とワークショップのすべて。
目次
第1章 行為のデザインは、開発力を加速させる(究極の理想は、立ち止まらないデザイン
想像体験とは、ほかの誰かになること)
第2章 バグの種類とその解決法(矛盾のバグ(コントラディクション・バグ)
迷いのバグ(パープレキシティ・バグ) ほか)
第3章 デザイン化=「可視化」のプロセス(膨大な情報を削る
プランニング・可視化・告知というプロセス ほか)
第4章 行為を誘導する「アフォーダンスデザイン」(アフォーダンスデザインとは
吹き消したくなるキャンドルのメタファ(hono) ほか)
第5章 行為のデザイン・ワークショップ(S・S・FB法)の開き方(行為のデザイン・ワークショップ(S・S・FB法)の意義
ワークショップの概要 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

製品やサービスの利用者の行動に着目してより美しく使いやすくする「行為のデザイン」。パナソニックなどでも導入され話題に。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 問題解決に効く「行為のデザイン」思考法
  • 問題解決に効く「行為のデザイン」思考法

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中