ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 無名戦士の墓 評伝・弁護士大森詮夫の生涯とその仲間たち

  • 無名戦士の墓 評伝・弁護士大森詮夫の生涯とその仲間たち

ポイント倍率

無名戦士の墓 評伝・弁護士大森詮夫の生涯とその仲間たち

  • 岡村親宜/著 岡村 親宜
    1942年5月鳥取県東伯郡山守村(現在、関金町字山守)生まれ。1965年3月中央大学法学部法律学科卒業。1968年4月東京弁護士会に弁護士登録。現在に至る。弁護士(東京本郷合同法律事務所所長)、日本労働弁護団常任幹事、自由法曹団団員、日本労働法学会会員、過労死弁護団全国連絡会議代表幹事、東京過労死弁護団代表

  • ページ数
    233p
  • ISBN
    978-4-7617-0700-2
  • 発売日
    2015年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 東京・青山霊園の一角にある「解放運動無名戦士墓」は、“大日本帝国”の暗黒時代に、凶悪な権力とたたかい倒れた人々のために建立され、今も、平和と民主主義のために活動する人々に引き継がれている。これは、この「墓」にかかわる一人の弁護士を中心としたノンフィクションである。
目次
第1章 ある弁護士の死(暗黒の時代
病の再発と遺言 ほか)
第2章 社会主義者への道(生いたちと上京
冬の時代と服部浜次 ほか)
第3章 弾圧下の弁護活動(自由法曹団と布施辰治
布施事務所の若きサムライ ほか)
第4章 検挙・投獄と再起(日本労農弁護士団事件
転向と獄中生活 ほか)
第5章 敗戦と合葬追悼会(侵略戦争の終結
敗戦と新しい時代 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般
版数 新装版

ページの先頭へ

閉じる

  • 無名戦士の墓 評伝・弁護士大森詮夫の生涯とその仲間たち
  • 無名戦士の墓 評伝・弁護士大森詮夫の生涯とその仲間たち

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中