ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 戦火のマエストロ近衛秀麿

  • 戦火のマエストロ近衛秀麿

戦火のマエストロ近衛秀麿

  • 菅野冬樹/著 菅野 冬樹
    1955年、東京都生まれ。日本大学芸術学部卒業。映像、音楽等の企画・制作を手がけるプロデューサー。1993年、全米映画製作者連盟(ギルド)のライセンスを日本人として初めて取得。1970年代後半に、作曲家・水谷川忠俊氏(近衛秀麿の次男)と知り合った後、30年以上の間、近衛秀麿についての調査と研究を継続。近衛秀健氏(近衛秀麿の長男)、水谷川忠俊氏など近衛秀麿の親族、及び関係者からの信頼を得るに至っている

  • ページ数
    285p
  • ISBN
    978-4-14-081682-0
  • 発売日
    2015年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,500 (税込:2,700

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ナチス政権下のドイツで、タクトを振り続けた日本人指揮者Maestro Konoye―。本書は、近衛秀麿にまつわる、次の三つの「謎」に光を当てる。一、ドイツを拠点とした「音楽活動」に秘められた謎。二、ユダヤ人の救済という「人道活動」に秘められた謎。三、終戦直前、アメリカ軍捕虜となった背景に秘められた謎。音楽家は、戦火の欧州をいかに生き抜いたのか―。その波乱に満ちた壮絶な生き様が明らかになる。
目次
第1章 ベルリン・フィルを初めて指揮した日本人(留学生が成し遂げた快挙
ベルリン・フィルの番人 ほか)
第2章 ナチス政権下の音楽家たち(三一名の署名
「暗黙の了解」 ほか)
第3章 亡命トライアングル(新響の労働争議
秀麿、アメリカへ ほか)
第4章 「近衛オーケストラ」の秘密(フルトヴェングラーの秘書からの依頼
フルトヴェングラー、アメリカ入国を拒否される ほか)
第5章 最後の謎―米軍中尉ネルソンとの対話(「コンセール・コノエ」の演奏会評
秀麿、楽譜を隠す ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 戦火のマエストロ近衛秀麿
  • 戦火のマエストロ近衛秀麿

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中