ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 落語で知る人生の知恵 江戸時代の礼儀作法と心意気 新装版

  • 落語で知る人生の知恵 江戸時代の礼儀作法と心意気 新装版

落語で知る人生の知恵 江戸時代の礼儀作法と心意気 新装版

  • 林秀年/著 林 秀年
    昭和24年疎開先の埼玉県浦和市生れ。昭和30年東京都渋谷区に転居。明治大学法学部卒業後平成16年まで信販会社に勤務

  • ISBN
    978-4-89522-639-4
  • 発売日
    2015年08月

1,600 (税込:1,728

現在、商品はございません。
「入荷お知らせ」をクリックし、メールアドレスを登録いただきますと、商品入荷時にメールでお知らせをさせていただきます。

詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 江戸時代の庶民が実践していたさまざまな場面での「コミュニケーションの知恵」を知る。親子、夫婦、ご近所付き合い、冠婚葬祭、出産、新築祝い、習い事。江戸時代の人々は暮らしの中でどんなコミュニケーションをはかっていたのか?
目次
第1節 人情の機微―口で言っても心の中じゃ(火事息子―家を飛び出た道楽息子、実家のピンチに、さあどうする
親子酒―親子して誓った禁酒、さてその結末は ほか)
第2節 三道楽煩悩―こればっかりは止められません(禁酒番屋―殿の御沙汰といえども出来ない事も
夢の酒―冷酒でも飲んどきゃ良かった ほか)
第3節 冠婚葬祭―これに駆け付け、三杯飲める(子ほめ、牛ほめ―誉め方次第で一杯飲める
鮑熨斗―片貝だからってめでたいもんなんだ ほか)
第4節 出処進退―男と女の意地と張り(高尾太夫―遊女といえども矜持あり
幾代餅の由来、紺屋高尾―そこまで思ってくんなんすなら ほか)
第5節 雑学―何の役にも立ちません(やかん―由来を川中島の戦あたりに求めた頃から話がおかしくなります
二十四考―親孝行、したくなくても親があり ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

入荷 発売日お知らせ

メールアドレス

    • ドメイン指定受信をされている方は、「@omni7.jp」を受信できるように指定してください。
  • 商品入荷後メールでご連絡いたします。(入荷状況によりメールが配信されない場合がございます。)
  • 当サービスは予約ではありません。
  • 商品入荷後、メールにてご連絡いたします。その際にご注文なさるかご検討ください。
  • 人気商品は注文が集中する為、すぐに品切れになる場合があります。
  • 入荷待ちの場合、「入荷お知らせ」ボタンが表示されている場合、ご登録いただきますと、入荷時にご連絡いたします。
  • 在庫状況は常に変化している為、随時変更する場合があります。
  • お知らせを受取りたいメールアドレスをご選択ください。
  • 商品の予約(注文)の日付が決まりましたらメールでお知らせします。
  • メールアドレスに間違いがないかご確認の上、「登録する」ボタンを押してください。

閉じる

  • 落語で知る人生の知恵 江戸時代の礼儀作法と心意気 新装版
  • 落語で知る人生の知恵 江戸時代の礼儀作法と心意気 新装版

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中