ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • TABLE OGINOの 野菜料理200: 素材から発想する、進化を続けるデリカテッセン

  • TABLE OGINOの 野菜料理200: 素材から発想する、進化を続けるデリカテッセン

ポイント倍率

TABLE OGINOの 野菜料理200: 素材から発想する、進化を続けるデリカテッセン

  • 荻野伸也/著 荻野 伸也
    1978年愛知県生まれ。味を重ねていくフランス料理の奥深さに魅力を感じ、都内のレストランを中心に修業。2007年、東京池尻に「OGINO」をオープン。2012年から、「table ogino」を都内に4店舗展開。2014年11月、スローフードをテーマとした湘南T‐SITEに、全国の契約農家からの野菜も販売するマルシェ、カフェを併設した「table ogino shonan」を開業

  • ISBN
    978-4-416-71542-0
  • 発売日
    2015年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,200 (税込:3,520

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人気店「ターブルオギノ」で展開する野菜料理200品を紹介。フレンチに留まらず和洋中エスニックを取り入れた組合せの妙は圧巻。

    2007年のオープン以来、「予約のとれないフレンチレストラン」として、業界内外で話題の世田谷区三宿「レストランオギノ」。
    いっぽう、2012年に代官山にオープンして人気を博し、フレンチに留まらず、和洋中エスニックなどさまざまな調理技法を取り入れた料理を、カジュアルに楽しめる店として人気を博し、現在は4店舗で展開する「TABLE OGINO(ターブルオギノ)」。
    本書では、このTABLE OGINOで展開されている野菜料理を、圧巻の200品で紹介します。

    ターブルオギノのコンセプトである、「農家から届く野菜の箱を開けてから、ぶっつけ本番で料理を考える」が、本書のコンセプトでもあり、素材から発想し、フランス料理の技法や枠組みを飛び出して、いろいろな観点からその素材をおいしく、飽きさせないように、さまざまな料理に展開させています。

    本書では、そうした著者ならではの発想力や応用力で見せる、野菜料理のバリエーション200品のレシピを一挙に公開。
    フランス料理に留まらず、和食、アジア、エスニック、中東、地中海と、さまざまな技法を駆使した組み合わせの妙は絶妙で、料理人や料理関係者はもとより、一般の料理好きも採り入れたくなる、新鮮な楽しさに満ちています。

    レストラン、カフェ、デリ…そうした昨今のさまざまな店形態において、また、女性客を中心とした、野菜への需要は高まっています。野菜料理の決定版として、活用度の高い一冊になっています。
目次
序章 野菜から発想する「味」の構築法
第1章 葉と茎を食べる野菜
第2章 花と実を食べる野菜
第3章 根と根茎を食べる野菜
第4章 豆と雑穀
第5章 キノコ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • TABLE OGINOの 野菜料理200: 素材から発想する、進化を続けるデリカテッセン
  • TABLE OGINOの 野菜料理200: 素材から発想する、進化を続けるデリカテッセン

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中