ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 石原吉郎 シベリア抑留詩人の生と詩

  • 石原吉郎 シベリア抑留詩人の生と詩

石原吉郎 シベリア抑留詩人の生と詩

  • 細見和之/著 細見 和之
    詩人。大阪文学学校校長。大阪府立大学教授。1962年、兵庫県篠山市生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。博士(人間科学、大阪大学)。ドイツ思想専攻。主な著書に『「戦後」の思想』(白水社、日本独文学会賞)、『家族の午後』(澪標、三好達治賞)など

  • ページ数
    360p
  • ISBN
    978-4-12-004750-3
  • 発売日
    2015年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 死と隣り合わせの重労働と飢え、そして人間に対する過度な不信…。厳寒の地シベリアで詩人は何を体験し、日本社会に何を見たのか。62年の生涯を丹念にたどり、詩からエッセイ、短歌俳句まで精緻に読み解き、戦中・戦後体験と透徹した作品世界を捉えなおす。
目次
第1章 記憶としての言葉―体験と作品の関係をめぐって
第2章 昭和一〇年前後の青春―誕生から応召まで
第3章 鹿野武一との出会いと戦争体験―応召からシベリア抑留まで
第4章 シベリアの日々―抑留から帰国まで
第5章 失語から詩作へ―帰国、そして『ロシナンテ』という楽園
第6章 詩集『サンチョ・パンサの帰郷』の世界―その三つの層をめぐって
第7章 強制された日常から―語り出されたシベリア
第8章 早すぎる晩年の日々―旺盛な詩作と突然の死

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

極限と日常のはざまを生きた詩人・石原吉郎。苛酷なシベリアの体験を経て、紡ぎ出された作品世界をその生涯とともに丹念に跡づける。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 石原吉郎 シベリア抑留詩人の生と詩
  • 石原吉郎 シベリア抑留詩人の生と詩

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中