ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「戦闘報告書」が語る日本中世の戦場 鎌倉最末期から江戸初期まで

  • 「戦闘報告書」が語る日本中世の戦場 鎌倉最末期から江戸初期まで

「戦闘報告書」が語る日本中世の戦場 鎌倉最末期から江戸初期まで

  • 鈴木眞哉/著 鈴木 眞哉
    1936年横浜市生まれ。中央大学法学部卒業。旧防衛庁、神奈川県庁等に勤務。歴史研究家

  • ページ数
    207p
  • ISBN
    978-4-8003-0704-0
  • 発売日
    2015年07月

1,700 (税込:1,836

現在、商品はございません。
「入荷お知らせ」をクリックし、メールアドレスを登録いただきますと、商品入荷時にメールでお知らせをさせていただきます。

詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 私達の先祖は、どんな武器で戦い、何が原因で死傷したのか?20数年の歳月と2000件の事例をベースに、戦闘員の死傷原因・手柄・使用武器の実相を探る、日本軍事史研究の壮大な試み!
目次
第1部 戦場での死傷原因と手柄(なぜ合戦の実態に興味を持ったのか?
戦闘の実態は何からわかるのか?
「戦闘報告書」から得られた死傷例
手柄の実態と死傷例)
第2部 死傷例から見た合戦の現場(中世合戦のイメージ
軍忠状と軍記物のギャップ―南北朝期の合戦
「刀鎗併用時代」の虚実―戦国前期の合戦
鉄砲が主武器となった時代―戦国後期の合戦)
第3部 「手柄」はいかに評価されたか(「戦闘報告書」で主張された功名
褒めらる功名、褒めにくい功名)
最後に確認しておきたいポイント(軍隊の組み立てと戦いの主体
「白兵主義」は古来からの伝統?
集団化はいつからか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

入荷 発売日お知らせ

メールアドレス

    • ドメイン指定受信をされている方は、「@omni7.jp」を受信できるように指定してください。
  • 商品入荷後メールでご連絡いたします。(入荷状況によりメールが配信されない場合がございます。)
  • 当サービスは予約ではありません。
  • 商品入荷後、メールにてご連絡いたします。その際にご注文なさるかご検討ください。
  • 人気商品は注文が集中する為、すぐに品切れになる場合があります。
  • 入荷待ちの場合、「入荷お知らせ」ボタンが表示されている場合、ご登録いただきますと、入荷時にご連絡いたします。
  • 在庫状況は常に変化している為、随時変更する場合があります。
  • お知らせを受取りたいメールアドレスをご選択ください。
  • 商品の予約(注文)の日付が決まりましたらメールでお知らせします。
  • メールアドレスに間違いがないかご確認の上、「登録する」ボタンを押してください。

閉じる

  • 「戦闘報告書」が語る日本中世の戦場 鎌倉最末期から江戸初期まで
  • 「戦闘報告書」が語る日本中世の戦場 鎌倉最末期から江戸初期まで

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中