ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ロジャーズの中核三条件 共感的理解

  • ロジャーズの中核三条件 共感的理解

ロジャーズの中核三条件 共感的理解

  • 野島一彦/監修 三國牧子/編著 本山智敬/編著 坂中正義/編著 野島 一彦
    熊本県生まれ。1975年、九州大学大学院教育学研究科博士課程単位取得後退学。博士(教育心理学)。福岡大学教授、九州大学大学院教授を経て、2012年から跡見学園女子大学文学部教授、九州大学名誉教授

    三國 牧子
    アメリカ、ニューヨーク生まれ。1987年、立教女学院短期大学幼児教育科卒業。1997年、玉川大学文学部卒業。小金井教会幼稚園教諭、Aoba Japan International School国語科教諭を経て2012年、University of East Anglia博士課程修了(Ph.D取得)。2011年~九州産業大学国際文化学部臨床心理学科准教授

    本山 智敬
    大分県生まれ。1998年、九州大学教育学部卒業。2003年、九州大学大学院人間環境学府博士後期課程単位取得後退学。西南学院大学学生相談室常勤カウンセラー。2009年~福岡大学人文学部講師

    坂中 正義
    山口県生まれ。1993年、埼玉大学教育学部卒業。1997年、九州大学大学院教育学研究科博士後期課程(教育心理学専攻)退学。福岡教育大学教育学部助手。2009年、福岡教育大学教育学部教授。2011年、博士(心理学)学位取得・九州大学。2013年~南山大学人文学部教授

  • シリーズ名
    カウンセリングの本質を考える 3
  • ISBN
    978-4-422-11460-6
  • 発売日
    2015年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,420

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • わたしはあなたの立場で考えます。クライエントに対する本物の関心や配慮の質。目の前の人が体験している現実を感じているままにとらえる。
目次
基礎編(共感的理解をとおして)
発展・実践編(プロセスとしての共感的理解―インタラクティブ・フォーカシングで身につける
見立てという行為と共感的理解
feelingをベースとする共感的理解
共感、その個別性
「共感」について緩やかにとらえてみる)
特別編(外国からの寄稿 愛情:三条件との関係
他学派からみた中核三条件 いまこそ問われる態度条件)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

心理相談や学校教育、医療・福祉現場など、あらゆる対人援助で必須となる“傾聴”スピリット。いまや常識ともなった“傾聴”の根底にある、聴き手の「受容と共感そして自己一致」を、まったくの初心者にも必ずわかる導入と、経験豊かな援助職にも味わえる探究で、徹底解説した三分冊。どのような場面でも参照できるよう、どこまでも実践に即して見渡された、総合ガイダンス! ――第3弾は「共感的理解:わかること」について。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • ロジャーズの中核三条件 共感的理解
  • ロジャーズの中核三条件 共感的理解

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中