ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 死に様に見る幕末明治維新

  • 死に様に見る幕末明治維新

死に様に見る幕末明治維新

  • 松尾和彦/著 松尾 和彦
    1953年(昭和28年)7月28日愁まれ。神戸大学卒業。海外規格申請代行業勤務を経て、現在セルロイドハウス副館長

  • ページ数
    259p
  • ISBN
    978-4-7947-0734-5
  • 発売日
    2015年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 幕末志士たちの、本当の「それから」。巻末付録、幕末志士永眠の地一覧。
目次
薩摩藩を雄藩にしたのだが―調所広郷
長州藩を雄藩とした家老―村田清風
唱えていない尊王攘夷思想生みの親とされる―藤田東湖
過労死した老中が長生きしていたら―阿部正弘
日本開国の恩人などとは評価しすぎ―ペリー
この藩主がいたから志士が育った―島津斉彬
かくも多くの人材が失われた―安政の大獄
雪の惨劇 討つ者と討たれる者―桜田門外の変
水戸の烈公名月に死す―徳川斉昭
見事な辞世を遺した遊女。だが出来すぎた話は疑ってかかれ―岩喜楼喜遊〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 死に様に見る幕末明治維新
  • 死に様に見る幕末明治維新

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中