ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 赤い靴に導かれて

  • 赤い靴に導かれて

赤い靴に導かれて

  • オリヴィア・ドレイク/著 宮前やよい/訳 ドレイク,オリヴィア(Drake,Olivia)
    ミシガン州立大学でジャーナリズムの学位を取得。卒業後出版社に送った原稿が採用され、作家の道へ。1985年“Defiant Embrace”でデビュー以来、バーバラ・ドーソン・スミス名義で25の作品を発表。ロマンティク・タイムズの各賞受賞のほか、2002年には“Tempt Me Twice”でRITA賞のベスト・ショート・ヒストリカルに輝いた。現在は夫と猫とともにテキサス州ヒューストンに暮らしている

  • シリーズ名
    ライムブックス ド2-3
  • ページ数
    432p
  • ISBN
    978-4-562-04472-6
  • 発売日
    2015年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

940 (税込:1,015

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 貴族令嬢でありながら、伯爵である伯父の屋敷で使用人同然の不遇な毎日を送るエリーは、ある日、いとこの付き添いで社交界の花形レディ・ミルフォードを訪ねた。そこで美しい赤い靴を贈られた彼女は、幸運にとまどいながらも胸を躍らせる。ところが、社交シーズンが始まる前に、エリーは突然“悪魔の王子”の異名を持つダミアンに、孤島の城へとさらわれてしまった。まもなく誘拐は人違いだったとわかったものの、一歩も外に出られない悪天候が続き、ロンドンには帰れない。閉ざされた城の暮らしの中で、エリーに細やかな心配りを見せるダミアン。世間の評判とは違う彼の素顔にふれ、誘拐を企てた理由や秘めた孤独を知るうちに、エリーは次第にダミアンに惹かれていく。そして嵐がやんだ朝、突然レディ・ミルフォードが城を訪ねてきて…。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
対象年齢 一般

商品のおすすめ

伯父の伯爵家で、使用人同然の不遇な毎日を送るエリーは、ある日、社交界の花形レディ・ミルフォードから赤い靴を受け取った。
ところが、社交シーズンが始まる前に、エリーは悪魔の王子と呼ばれるダミアンにさらわれてしまう。
幽閉された孤島の城で激しい嵐が何日も続き、エリーはダミアンが誘拐を企てた理由や秘めた孤独を知るうちに、
世間の評判とは全く違う彼の素顔にふれ、次第に惹かれていく。
そして嵐がやんだ朝、突然レディ・ミルフォードが城を訪れて……。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 赤い靴に導かれて
  • 赤い靴に導かれて

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中