ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 冒険の森へ 傑作小説大全 17

  • 冒険の森へ 傑作小説大全 17

冒険の森へ 傑作小説大全 17

  • 〔逢坂剛/編集委員〕 〔大沢在昌/編集委員〕 〔北方謙三/編集委員〕 〔船戸与一/編集委員〕 〔夢枕獏/編集委員〕 赤川 次郎
    1948年福岡市生れ。日本機械学会事務局勤務を経て、76年「幽霊列車」でオール讀物推理小説新人賞を受賞してデビュー。78年刊行の「三毛猫ホームズの推理」がベストセラーとなり、シリーズ長短編集合わせて五〇冊ほどを上梓。80年「悪妻に捧げるレクイエム」で角川小説賞を、2006年日本ミステリー文学大賞をそれぞれ受賞

    高橋 克彦
    1947年岩手県生れ。早稲田大学卒。浮世絵研究者を経て、83年「写楽殺人事件」で江戸川乱歩賞を受賞してデビュー。86年「総門谷」で吉川英治文学新人賞を、87年「北斎殺人事件」で日本推理作家協会賞を、92年「緋い記憶」で直木賞を、2000年「火怨」で吉川英治賞をそれぞれ受賞。ミステリー、ホラー、時代小説まで幅広いジャンルで活躍する

    都筑 道夫
    1929年東京生れ。2003年没。雑誌編集者、コピーライターなどを経て、1956年早川書房に入社、「エラリイ・クイーンズ・ミステリ・マガジン」編集長として辣腕をふるう。59年退社、本格的に推理小説の執筆を開始。2001年「推理作家の出来るまで」で日本推理作家協会賞評論その他の部門を、03年日本ミステリー文学大賞をそれぞれ受賞

    筒井 康隆
    1943年大阪生れ。同志社大学卒。乃村工藝社に勤めつつ演劇活動をし、家族同人誌「NULL」を創刊。60年「NULL」掲載の「お助け」が「宝石」に転載される。以後、SFから前衛文学までエンターテイメントと純文学の枠組みを超えた執筆活動を継続。81年「虚人たち」で泉鏡花賞を、87年「夢の木坂分岐点」で谷崎潤一郎賞を、89年「ヨッパ谷への降下」で川端康成賞を、92年「朝のガスパール」で日本SF大賞を、2000年「わたしのグランパ」で読売文学賞をそれぞれ受賞

    星 新一
    1926年東京生れ。97年没。東京大学農学部卒。57年「セキストラ」が同人誌「宇宙塵」から「宝石」に転載されてデビュー。以後、ショートショートという新ジャンルを開拓する。68年「妄想旅行」で日本推理作家協会賞を受賞。83年までに、ショートショート一〇〇一編執筆を達成する。没後98年その功績に対して日本SF大賞特別賞を受賞

  • 巻の書名
    私がふたり
  • 巻の著者名
    赤川次郎/著 高橋克彦/著 都筑道夫/著 筒井康隆/著 星新一/著 原田宗典/著 稲垣足穂/著 山田風太郎/著 三島由紀夫/著 小池真理子/著 阿刀田高/著 夢枕獏/著 ?
  • ページ数
    587p
  • ISBN
    978-4-08-157047-8
  • 発売日
    2015年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ジャンルを越え、小説の面白さをとことんまで追求した画期的アンソロジー。第3回配本、第17巻「私がふたり」は、もう一人の私と敵または味方として対面する、不思議な物語15編を収録。(「近刊情報」より)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

ジャンルを越え、小説の面白さをとことんまで追求した画期的アンソロジー。
第3回配本、第17巻「私がふたり」は、もう一人の私と敵または味方として対面する、不思議な物語15編を収録。

●編集委員 逢坂剛 大沢在昌 北方謙三 船戸与一 夢枕獏

[編集室から]
東野圭吾「分身」の雑誌掲載時のタイトルは「ドッペルゲンガー症候群」であった。
ならばドッペルゲンガー小説をずらりと並べればいいのだろうが、それでは、読む側がつらいではないですか。
さいわい天啓の如く、船戸与一委員の怪作中編が浮上した。いや、降りてきた。
この作品は、「ドッペルゲンガー」ではないが、みごとに「私がふたり」なのである。
ネタバレなんて言わないで欲しい。30年も前に書かれた作品なのだから。

[収録作]
【長編】
東野圭吾「分身」

【短編】
船戸与一「メビウスの時の刻」
山田風太郎「万人坑」
三島由紀夫「花火」
阿刀田高「甲虫の遁走曲」
小池真理子「足」
夢枕獏「山奥の奇妙なやつ」
乙一「カザリとヨーコ」

【掌編】
稲垣足穂「自分によく似た人」
星新一「常識」
筒井康隆「環状線」
都筑道夫「空港ロビー」
赤川次郎「不良品、交換します!」
原田宗典「デジャヴの村」
高橋克彦「電話」

ページの先頭へ

閉じる

  • 冒険の森へ 傑作小説大全 17
  • 冒険の森へ 傑作小説大全 17

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中