ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 古文の攻略 10日あればいい! 2016

  • 古文の攻略 10日あればいい! 2016

古文の攻略 10日あればいい! 2016

  • シリーズ名
    大学入試短期集中ゼミ
  • ページ数
    88p
  • ISBN
    978-4-407-33670-2
  • 発売日
    2015年06月

670 (税込:724

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 入試の必須事項をコンパクトにまとめた入試対策の決定版
目次
1 枕草子(1)二方面に対する敬語
2 枕草子(2)副助詞「さへ」と「だに」「すら」との違い
3 枕草子(3)助詞「かし」と「こそ」
4 方丈記 識別重要頻出語「に」の一つ、格助詞
5 徒然草(1)反語のパターンは二つ!
6 徒然草(2)「べし」は“スイカ止めて”?
7 徒然草(3)「に」の識別のヒント
8 土佐日記(1)まぎらわしい「たり」
9 土佐日記(2)助動詞「る」「らる」解釈のコツ
10 蜻蛉日記 完了の助動詞「ぬ」の連用形の「に」
11 更級日記 “官職”についてこれだけは覚えよう
12 とはずがたり 「なり」の識別のヒント
13 竹取物語 「賜はす」と「参らす」
14 伊勢物語(1)本助詞と補助動詞
15 伊勢物語(2)二種類の用法をもつ「奉る」
16 大和物語 完了・存続の助動詞「り」について
17 源氏物語(1)副助詞「のみ」と「ばかり」の違い
18 源氏物語(2)助動詞「めり」に注目!
19 大鏡「もこそ」「もぞ」の訳
20 平家物語「誰の誰に対する敬意か」
21 今昔物語集 「に・・・あり」について
22 宇治拾遺物語 三種の「なむ」
23 十訓抄 活用形は、すぐ下を見て判断
24 古今著聞集 掛詞は入試の“レギュラー選手”
25 無名抄 混同しやすい「給ふ」
26 無名草子「いみじ」は「スバラシイ」と「ヒドイ」
27 奥の細道「結びの語の省略」のパターン
28 去来抄 必修「読み単」26語
答えと解説・通釈

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 高校生

ページの先頭へ

閉じる

  • 古文の攻略 10日あればいい! 2016
  • 古文の攻略 10日あればいい! 2016

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中