ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ぐっすり眠りたければ、朝の食事を変えなさい

  • ぐっすり眠りたければ、朝の食事を変えなさい

ぐっすり眠りたければ、朝の食事を変えなさい

  • 宮崎総一郎/著 宮崎 総一郎
    1954年、愛媛県宇和島市生まれ。医学博士。現在、国立大学法人滋賀医科大学睡眠学講座特任教授。日本睡眠教育機構理事長。「眠りの森」事業を通じて社会への睡眠知識の普及を行なっているほか、各地域にて睡眠教育の講演を行ない睡眠に対する啓発に努めている。日本睡眠学会理事、日本睡眠学会睡眠医療認定医、日本耳鼻咽喉科学会専門医、日本気管食道科学会専門医

  • ページ数
    190p
  • ISBN
    978-4-569-82328-7
  • 発売日
    2015年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 不眠の原因は朝のパンとコーヒーにあった!?快眠ホルモン「メラトニン」は朝食でつくられる。目覚めのこの一品で、眠りの質がぐんとよくなる。
目次
第1章 快眠の秘訣は朝食にあった(眠りこそ、脳を回復させる唯一の方法
知っておきたい睡眠の三つのメカニズム
人の眠りを左右するホルモン「メラトニン」 ほか)
第2章 心身がよみがえる熟睡の小ワザ(遮光カーテンは少し開けたままで寝る
休日の寝だめは睡眠不足の原因になる
蛍光灯から出る青い波長が眠りを妨げる ほか)
第3章 快眠に必要な4要素(主菜
主食
副菜
乳製品)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

商品のおすすめ

睡眠は唯一の脳の疲労回復法。質の良い睡眠のカギは朝食に食べる食材にあった! 良い眠りを手に入れて、仕事も勉強も効率アップ!(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • ぐっすり眠りたければ、朝の食事を変えなさい
  • ぐっすり眠りたければ、朝の食事を変えなさい

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中