ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本嫌いのアメリカ人がたった7日間で日本を大好きになった理由

  • 日本嫌いのアメリカ人がたった7日間で日本を大好きになった理由

日本嫌いのアメリカ人がたった7日間で日本を大好きになった理由

  • マックス桐島/著 マックス桐島
    神奈川県葉山生まれの東京渋谷育ち。日本人有数のハリウッド映画プロデューサー。1971年、映画製作を夢見て、高校生で単身アメリカに渡る。UCLA映画学科、2年半に渡る世界92カ国放浪旅行、ハリウッド俳優を経て、1990年、机と電話だけのガレージオフィスから映画プロデューサー業に乗り出す。『ナイト・ウォリアー』で1991年にデビュー後、ハリウッド映画13作品をプロデュース。俳優としても、『ランボー』、『ライジングサン』、『刑事ニコ』など出演作多数

  • ISBN
    978-4-7889-1151-2
  • 発売日
    2015年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「アメリカ最高」を信じて疑わない米国人家族が中国旅行の帰途、ついでに立ち寄ったジャパン。そこで待ち構えていたのは、彼らが思いもよらない驚きと感動の連続だった…。在米35年のハリウッド映画プロデューサーが、外国人目線で綴った日本文化私論。
目次
1章 日本嫌いのアメリカ人がたった7日間で日本を大好きになった理由(トーキョーと東京
ルール違反 ほか)
2章 日本文化が世界の中心になる?(日本の職人気質
ジャパン・カルチャーへの世界の憧れ ほか)
3章 なぜ世界は日本のマネをするのか(日本人の世界での評判
日本人が知らない日本人特有の才能 ほか)
4章 日本人は世界からどう思われているのか(ジャパニーズであることのメリットとデメリット
新しモノ好きの国 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

在米40年の日本人ハリウッド映画プロデューサーが実体験を元に活写。「日本人であることの幸福」を気づかせてくれる一冊。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 日本嫌いのアメリカ人がたった7日間で日本を大好きになった理由
  • 日本嫌いのアメリカ人がたった7日間で日本を大好きになった理由

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中