ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 発達障害のわたしのこころの声 生活・仕事で困っている理由&困らない工夫

  • 発達障害のわたしのこころの声 生活・仕事で困っている理由&困らない工夫

発達障害のわたしのこころの声 生活・仕事で困っている理由&困らない工夫

  • 星野あゆみ/著 本田秀夫/監修 星野 あゆみ
    40代になってから発達障害と診断された。障害のことはオープンにせずに一般企業に勤める。夫と2人暮らし

    本田 秀夫
    医学博士。専門は発達精神医学。信州大学医学部附属病院子どものこころ診療部部長。横浜市総合リハビリテーションセンターで約20年にわたって発達障害の人たちと家族の支援に従事し、その後、山梨県立こころの発達総合支援センター所長を経て現職。東京大学医学部卒

  • シリーズ名
    学研のヒューマンケアブックス
  • ページ数
    207p
  • ISBN
    978-4-05-406186-6
  • 発売日
    2015年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 40代で発達障害と診断された著者が、社会生活を送るうえで感じてきた困惑。彼女が普段の生活でどのように「普通の人」の社会と折り合おうとしているのかを自ら語り始める。
目次
1章 「発達障害」と言われた日
2章 言葉で言われたことしか分かりません
3章 他人と関わるにはスキルが必要です
4章 ビジネスマナーとルールは難しいことだらけ
5章 不器用は工夫で乗り切る
6章 変わった子と言われて
7章 転職を繰り返して学んだこと
8章 自分は精神的に強いと思っていたけど
9章 環境を変える、自分を変える
10章 診断を受けて気づいたこと

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

商品のおすすめ

自閉症スペクトラム、相貌失認の著者は転職を繰り返しながら会社や日常生活では困ったことだらけ。話によるコミュニケーションは苦手、人の顔は覚えられない、あいまいな言葉は理解できないなどのエピソードと解説で生きづらさや特性をわかりやすく伝える。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 発達障害のわたしのこころの声 生活・仕事で困っている理由&困らない工夫
  • 発達障害のわたしのこころの声 生活・仕事で困っている理由&困らない工夫

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中