ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本型協同社会論事始め

  • 日本型協同社会論事始め

日本型協同社会論事始め

  • 石見尚/著 石見 尚
    1925年、和歌山県に生まれる。1950年、東京大学農学部卒。農協、国会図書館調査局課長、(財)農村開発企画委員会常務理事、東京工業大学大学院講師(非常勤)を経て、日本ルネッサンス研究所設立。日本ニーム協会顧問、KINSPARC(インドのNGO)アドバイザー。農学博士

  • ISBN
    978-4-8460-1434-6
  • 発売日
    2015年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

2,200 (税込:2,420

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「協同社会」概念を『都市に村をつくる』で提示した著者が、グローバル化を視野に入れ、長野県坂城町・山形県長井市・東広島市小田地区の協同組合運動を独自の視点で紹介する。協同社会実現への途。
目次
第1章 グローバル時代に注目される日本の小さい町(世界都市は東京だけではない
日本のシリコン・バレーと言われる長野県坂城町 ほか)
第2章 モンドラゴン協同組合(MCC)についての産業論からの検討(モンドラゴン協同組合のグローバル化
発展の三段階 ほか)
第3章 協同社会が考える労働運動のかたち(人間として尊厳のある働き方を基本とする社会
成熟社会の労働の未来 ほか)
第4章 日本型コミュニティの再生のために(女性はなぜコミュニティづくりに強いのか―山形県長井市の「レインボープラン」に寄せて
高齢化とTPP時代の農村コミュニティの一つのモデル―東広島市小田地区「共和の郷・おだ」 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 日本型協同社会論事始め
  • 日本型協同社会論事始め

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中