ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 竹内敏晴

  • 竹内敏晴

ポイント倍率

竹内敏晴

  • 今野哲男/著 今野 哲男
    1953年宮城県生まれ。編集者、ライター。横浜市立大学文理学部中退。78年竹内敏晴演劇研究所に入所。79年「竹内スタジオ」による兵庫県立湊川高校公演「田中正造」に俳優として参加。その後、演劇現場を離れ、月刊『翻訳の世界』編集長を経て99年からフリーランスとして活動。「光文社古典新訳文庫」創刊にかかわる。現在、上智大学文学部英文科非常勤講師

  • シリーズ名
    言視舎評伝選
  • ISBN
    978-4-86565-024-2
  • 発売日
    2015年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,900 (税込:3,132

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 聾唖に苦しんだ一人の身障者として、「からだ」と「ことば」によってすべてを一から問い直した竹内敏晴。彼は、あくまで「前に出る」ことをやめない向日的な人でもあった。―演技レッスンによって劈かれる人間の可能性に向けて、人と人との出会いを演出し続けた「レッスンする人」の、生涯の全貌に迫る書き下ろし評伝。
目次
第1章 竹内敏晴とその時代―あるいはなぜ、いま、彼を語るのか
第2章 七八年/レッスン、あるいはエチュードの感触
第3章 存在論的な根拠―生い立ちと、その物語性について
第4章 浦和中学と旧制第一高等学校
第5章 マイナスからの出発/戦後の連続性
第6章 ことばが劈かれたとき
第7章 レッスンの検証としての湊川
第8章 拾遺

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

商品のおすすめ

言視舎 新シリーズ刊行 第3弾
「生きること」を「からだ」で追い求めたレッスンする哲学者の肖像!
聾唖に苦しんだ一人の身障者として、あくまで「からだ」と「ことば」をつうじてすべてを問い直してきた竹内敏晴は、「前に出る」ことをやめない向日的なひとであった。――演技レッスンの形によってしか劈(ひら)かれない人間の可能性に向けて、人と人との真の出会いを求めた「レッスン」する人・竹内敏晴。彼の背に近代人のあるべき孤独を見てきた著者が、満腔の思いをこめて師の生涯を描く書き下ろし評伝。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 竹内敏晴
  • 竹内敏晴

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中