ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ジェネレーションフリーの社会 日本人は何歳まで働くべきか

  • ジェネレーションフリーの社会 日本人は何歳まで働くべきか

ポイント倍率

ジェネレーションフリーの社会 日本人は何歳まで働くべきか

  • 北岡孝義/著 北岡 孝義
    1977年、神戸大学大学院博士後期課程中退。経済学博士。広島大学経済学部教授を経て、明治大学商学部、同大学大学院教授。専攻は金融・ファイナンスの実証分析

  • ISBN
    978-4-484-15217-2
  • 発売日
    2015年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,760

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「定年後は働きたくないが働かなくては生活できない」が現実に。今日本に求められるのは「人生二毛作社会」への転換。(「近刊情報」より)
目次
第1章 公的年金は大丈夫なのか
第2章 年金支給年齢75歳―スウェーデン首相の衝撃の発言と今日のスウェーデンの苦悩
第3章 「働くこと」はつらいことなのか―「働くこと」の意義を考える
第4章 「人生二毛作」を支えるインフラ創り
第5章 高齢者も国の成長を支える社会へ
第6章 年金のいらない社会の構築

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

商品のおすすめ

老いも若きも国民全員が働く社会、つまり「ジェネレーションフリー」の社会は、現役世代が高齢の退職世代を支える世代間扶養の社会ではない。国民全員が全員を支える、相互扶養の共生社会のことである。ジェネレーションフリーの社会の新しい日本型雇用慣行・雇用制度を構築することこそ、グローバル化への真の対応なのである。

ページの先頭へ

閉じる

  • ジェネレーションフリーの社会 日本人は何歳まで働くべきか
  • ジェネレーションフリーの社会 日本人は何歳まで働くべきか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中