ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ハーバードの“正しい疑問”を持つ技術 成果を上げるリーダーの習慣

  • ハーバードの“正しい疑問”を持つ技術 成果を上げるリーダーの習慣

ハーバードの“正しい疑問”を持つ技術 成果を上げるリーダーの習慣

  • ロバート・スティーヴン・カプラン/著 福井久美子/訳 カプラン,ロバート・スティーヴン(Kaplan,Robert Steven)
    ハーバード・ビジネススクール教授、上級副学部長。他にも、インダバ・キャピタル・マネージメント社の共同設立者にして現会長、ドレイパー・リチャーズ・カプラン基金(ベンチャー・フィランソロピー企業)の共同議長を務める。カンザス州出身。カンザス大学で学士号を、ハーバード・ビジネススクールでMBAを取得した。専門はマネジメント・プラクティス。ハーバード大学のMBAプログラムではさまざまなリーダーシップ講座を担当している。2005年にハーバードで教鞭を執りはじめる前は、ゴールドマン・サックスに22年間勤務し、さまざまな管理職を歴任

    福井 久美子
    英グラスゴー大学大学院英文学専攻修士課程修了。英会話講師、社内翻訳者を経て、現在はフリーランス翻訳者

  • ISBN
    978-4-484-15117-5
  • 発売日
    2015年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • リーダーシップを発揮するのにすべての答えを知っている必要はない。大事なことは重要な問題に向き合う勇気をもつこと。(「近刊情報」より)
目次
第1章 会社の未来像を描く技術―目的地がわかっている方がスムーズにたどり着ける
第2章 時間を管理する技術―ビジョンと優先事項に時間をかける
第3章 フィードバックを活用する技術―トップダウンコーチングとボトムアップコーチング
第4章 部下を育てる技術―後継者を育成する
第5章 迷走した組織を正す技術―白紙の状態から会社を設計し直す
第6章 みんなのお手本となる技術―あなたの信念や価値観を伝える
第7章 自分の能力を開花させる技術―自分の持ち味を生かす
第8章 正しい疑問を持つ技術―視野を広げるための訓練

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

商品のおすすめ

うまくいくリーダーと、うまくいかないリーダーの違いは何か。リーダーシップとは生まれながらの資質だろうか。過去25年間にわたり、企業幹部や新米リーダーたちにアドバイスをしてきた、ハーバード・ビジネススクール教授、ロバート・スティーヴン・カプランは、こう結論づける。リーダーたちは例外なく、自信とやる気をなくす時期を経験する。違いが表れるのは、そうしたとき、正しい疑問を持てるか否か。本書では“ハーバード流”自分自身に何をどう問うべきかをお教えします

ページの先頭へ

閉じる

  • ハーバードの“正しい疑問”を持つ技術 成果を上げるリーダーの習慣
  • ハーバードの“正しい疑問”を持つ技術 成果を上げるリーダーの習慣

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中