ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 美術の誘惑 オールカラー版

  • 美術の誘惑 オールカラー版

美術の誘惑 オールカラー版

  • 宮下規久朗/著 宮下 規久朗
    1963年愛知県生まれ。美術史家、神戸大学大学院人文学研究科教授。東京大学文学部卒業、同大学院修了。『カラヴァッジョ―聖性とヴィジョン』(名古屋大学出版会)でサントリー学芸賞などを受賞

  • シリーズ名
    光文社新書 761
  • ISBN
    978-4-334-03864-9
  • 発売日
    2015年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

940 (税込:1,015

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 美術は、単に優雅な趣味の対象ではなく、社会や文化全般に強く関係する。政治経済と深く関わり、生老病死を彩り、人の欲望や理想を反映する―。西洋でも東洋でも、美術は歴史の局面で重要な役割を果たしてきた。そんな美術の誘惑についての、一期一会の物語、図版125点収録。
目次
プロローグ―美術館の中の男と女
亡き子を描く
供養絵額
子供の肖像
夭折の天才
人生の階段
清貧への憧れ
笑いを描く
食の情景
眠り
巨大なスケール
だまし絵
仮装
釜ヶ崎の表現意欲
刺青
一発屋の栄光
コレクター心理
自己顕示欲
ナルシシズム
ナチスの戦争画
宮展と近代のアジア美術
日本の夜景画
折衷主義の栄光と凋落
三島由紀夫
琳派とプリミティヴィスム
白い蝶
エピローグ 美術の誘惑

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 美術の誘惑 オールカラー版
  • 美術の誘惑 オールカラー版

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中