ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • がんでもプレーを続ける元フットサル日本代表久光重貴 笑顔のパス

  • がんでもプレーを続ける元フットサル日本代表久光重貴 笑顔のパス

がんでもプレーを続ける元フットサル日本代表久光重貴 笑顔のパス

  • 久光重貴/著 久光 重貴
    1981年7月8日生まれ。神奈川県横浜市出身。小学校1年のとき、横浜サッカークラブつばさでサッカーを始める。その後、ヴェルディ川崎ジュニアユースから帝京高校サッカー部を経て、ナオト・インティライミとの出会いをきっかけにカスカヴェウ(現ペスカドーラ町田)の一員となる。2008年には湘南ベルマーレフットサルクラブに移籍。翌09年にはフットサル日本代表にも選出されたが、11年に骨髄炎を発病。再び歩くことは難しいと診断されながらも、見事に復帰を果たす。しかし、13年のメディカルチェックで右上葉肺腺がんが見つかった

  • シリーズ名
    FUTSAL NAVI SERIES+ 12
  • ページ数
    159p
  • ISBN
    978-4-86535-252-8
  • 発売日
    2015年07月

1,389 (税込:1,500

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • フットサルプレーヤー 久光重貴。日本のフットサルトップリーグ(Fリーグ)でプレーし、フットサル日本代表にも選出された名プレーヤー。しかし2013年5月、まだ31歳だった久光に衝撃の事実が宣告された。肺がんステージⅢb がんはすでにリンパ節にまで転移しており手術は難しい状態だった。医師からは余命宣告をされそうになったが、断った。しかし、そんな状況でも久光はフットサルを諦めなかった。抗がん剤を投与しながらもトレーニングを続けた。医師からは前代未聞の挑戦と言われたが、試合復帰を目指した。そして、その挑戦は実を結んだ。2014年7月、久光は再びFリーグの舞台に立った。しかも一試合だけでなく何度もピッチに立ち、チームに貢献するプレーをみせた。久光は現在、33歳。今なお治療を続けながら、現役にこだわり続けている。彼をここまで突き動かす思いとは何なのか。フットサルプレーヤー久光重貴に迫った。
目次
第1章 サッカー選手としての挫折
第2章 フットサルとの出会い
第3章 骨髄炎発症、復帰
第4章 肺ガン告知
第5章 抗がん剤治療の中、試合復帰を目指す
第6章 試合出場とファンとのふれあい
第7章 これからの目標
ナオト・インティライミ×久光重貴特別対談「人生を変えた言葉」

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • がんでもプレーを続ける元フットサル日本代表久光重貴 笑顔のパス
  • がんでもプレーを続ける元フットサル日本代表久光重貴 笑顔のパス

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中