ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 生きて帰ってきた男 ある日本兵の戦争と戦後

  • 生きて帰ってきた男 ある日本兵の戦争と戦後

生きて帰ってきた男 ある日本兵の戦争と戦後

  • 小熊英二/著 小熊 英二
    1962年、東京生まれ。1987年、東京大学農学部卒業。出版社勤務を経て、1998年、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻博士課程修了。現在、慶應義塾大学総合政策学部教授。『社会を変えるには』(講談社現代新書、2012年、新書大賞)、『1968』上下(新曜社、2009年、角川財団学芸賞)、『“民主”と“愛国”―戦後日本のナショナリズムと公共性』(新曜社、2002年、毎日出版文化賞、大佛次郎論壇賞)、『単一民族神話の起源―“日本人”の自画像の系譜』(新曜社、1995年、サントリー学芸賞)など著書多数

  • シリーズ名
    岩波新書 新赤版 1549
  • ISBN
    978-4-00-431549-0
  • 発売日
    2015年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

940 (税込:1,034

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 新書大賞2016第2位

    とある一人のシベリア抑留者がたどった人生。そこから戦後日本の姿と戦争体験の意味が浮き彫りになる。(「近刊情報」より)
目次
第1章 入営まで
第2章 収容所へ
第3章 シベリア
第4章 民主運動
第5章 流転生活
第6章 結核療養所
第7章 高度成長
第8章 戦争の記憶
第9章 戦後補償裁判

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

新書大賞2016第2位

とある一人のシベリア抑留者がたどった軌跡から、戦前・戦中・戦後の日本の生活面様がよみがえる。
戦争とは、平和とは、高度成長とは、いったい何だったのか。
戦争体験は人々をどのように変えたのか。
著者が自らの父・謙二(一九二五‐)の人生を通して、「生きられた二〇世紀の歴史」を描き出す。

ページの先頭へ

閉じる

  • 生きて帰ってきた男 ある日本兵の戦争と戦後
  • 生きて帰ってきた男 ある日本兵の戦争と戦後

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中