ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • あまのじゃくと精神療法 「甘え」理論と関係の病理

  • あまのじゃくと精神療法 「甘え」理論と関係の病理

あまのじゃくと精神療法 「甘え」理論と関係の病理

  • 小林隆児/著 小林 隆児
    1949年鳥取県米子市生まれ。児童精神科医、医学博士、日本乳幼児医学・心理学会理事長。1975年九州大学医学部卒業。福岡大学医学部精神医学教室入局後、福岡大学医学部講師、大分大学教育学部助教授、東海大学健康科学部教授、大正大学人間学部教授を経て、2012年より西南学院大学人間科学部教授

  • ISBN
    978-4-335-65167-0
  • 発売日
    2015年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,400 (税込:3,740

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 甘えられない子どもが危ない!名著『「甘え」の構造』が蘇る!『「甘え」の構造』の土居健郎が精神科医として遺した数々の明察をもとに、児童精神科医である著者が多くの神経症例の根源に「歪んだ甘え」=「あまのじゃく」の病理が潜んでいることを解明していく本書は、精神科治療を問い直す研究書であると同時に、精神医学を哲学と架橋するためのすぐれた文化論でもある。
目次
1 「甘え」理論にみられるアンビヴァレンス
2 「関係」からみた「甘え」理論と精神療法
3 乳幼児期の母子の関係病理―「あまのじゃく」
4 「あまのじゃく」と精神療法―神経症圏に焦点を当てて
5 精神療法でアンビヴァレンスを扱うことの治療的意義
6 精神療法研究の原理を考える

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • あまのじゃくと精神療法 「甘え」理論と関係の病理
  • あまのじゃくと精神療法 「甘え」理論と関係の病理

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中