ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 音楽という〈真実〉

  • 音楽という〈真実〉

音楽という〈真実〉

  • 新垣隆/著 新垣 隆
    作曲家、ピアニスト。1970年東京生まれ。桐朋学園大学音楽学部卒。現代音楽のホープとして活躍し、ピアニストとしての評価も高い。2014年2月、人気作曲家、佐村河内守氏のゴーストライターだったことを公表し、話題を呼ぶ

  • ページ数
    207,16p
  • ISBN
    978-4-09-388421-1
  • 発売日
    2015年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ベートーヴェンに憧れて作曲家になった青年は、ある日もうひとりの「ベートヴェン」に出会った。天才作曲家の18年にわたる「ゴースト生活」の真相。
目次
プロローグ 二〇一四年二月六日

第一章 ベートーヴェンになりたい!
ピアノとの出会い/ショパンとカーペンターズ/
ベートーヴェンになりたい!/私のテレビ・デビュー/
先生の伴奏をする小学生/楽譜が大好き/作曲教室の仲間たち/
これが初恋?/ドビュッシー、ストラヴィンスキー、武満徹/
すばらしい先生たち/

第二章 音楽ばかりの青春
高校入学と指揮のレッスン/中川俊郎先生のこと/YMOの衝撃/
オーケストラが自分の曲を演奏する!/自己主張とコミュニケーション/
桐朋学園大学へ/作曲家として目指したもの/レストランのピアノ弾き/
三善晃先生のレッスン/ピアニストとしての私/非常勤講師とCM音楽/

第三章 もうひとりの「ベートーヴェン」
「ユニーク」な依頼者/バイオハザード/二〇〇人のオーケストラ!/
聞こえない作曲家/「請負仕事」の誇り/

第四章 『HIROSHIMA』をめぐる賭け
「交響曲に着手」?/演奏されないための交響曲/史上最大が好きな男/
「吹奏楽のための小品」/『交響曲第一番』出版/エンタテインメントと芸術/
打ち合わせの情景/

第五章 肥大する虚像
路線変更/『HIROSHIMA』をめぐる思い/演奏された『HIROSHIMA』/
「みっくん」/何のための音楽か/初めての告白/NHKスペシャル/演技する「作曲家」/

第六章 終わり、そして始まり
自分の中の味方と敵/大河ドラマ音楽と芸術音楽/なぜ断れなかったのか/
衝撃の野口論文/急展開/記者会見/会見の後に/
二〇一四年二月六日、記者会見での発表、質疑応答/

第七章 現在そして未来
その後の私/冬の劇場/伴奏ピアニストという仕事/恋愛についてのつぶやき/
ジャズとの出会い/吉田隆一さん/サイレント映画の伴奏/「クラシックのようなもの」/
調性音楽の難しさ/『HIROSHIMA』を超えて/

あとがき

本書に登場する音楽家一覧 

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

元ゴーストライターが語る音楽への愛

ページの先頭へ

閉じる

  • 音楽という〈真実〉
  • 音楽という〈真実〉

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中