ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 剣の刃

  • 剣の刃

剣の刃

  • シャルル・ド・ゴール/著 小野繁/訳 ド・ゴール,シャルル(de Gaulle,Charles)
    1890‐1970年。フランスの軍人・政治家。1940年、ナチスドイツに降伏後、英国に逃れ、ロンドンに亡命政府「自由フランス政府」を樹立し、レジスタンスを指導。フランス解放後、共和国臨時政府主席。一時引退したが、1958年、挙国一致内閣で首相となり、第五共和政を発足させ、初代大統領に就任。米ソの国際関係の中でフランス独自の外交路線を追求した

    小野 繁
    1943(昭和18)年生まれ。明治大学政治学科卒業。ニース大学留学。第一経済大学(現・日本経済大学)元教授

  • シリーズ名
    文春学藝ライブラリー 歴史 13
  • ISBN
    978-4-16-813037-3
  • 発売日
    2015年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,000 (税込:1,080

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「現代フランスの父」ド・ゴール。厭戦気分、防衛第一主義が蔓延する時代風潮に抗して、軍人と政治家のリーダーシップ、戦場での指揮官に求められる資質、理想の組織像を説いた歴史的名著。
目次
戦争
気骨
威信
ドクトリン―固定した原理、原則
政治家と軍人

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 16cm
原題 原タイトル:Le fil de l’epee
対象年齢 一般

商品のおすすめ

第二次大戦で「敗戦国」に等しかったフランスを、たった一人で「戦勝国」に変え、戦後は大統領として、フランスの独自外交と自立の基礎を築いたド・ゴール。本書は、第一次大戦を経て厭戦気分が蔓延していた1932年に、いちはやく国防の重要性と指揮官のリーダーシップ、理想的軍人像を説いた歴史的名著。
「凡人が戦場で将帥に一変する」「大事を成す者は、偽善的規律など黙殺すべし」「無愛想でも実力者が評価されるべし」など名語録が満載。
「政治家と軍人」「民主主義と安全保障」といった今日的問題を考えるための必読書であると同時に、すぐれた戦略論、組織論、リーダー論としても読める。
文藝批評家・福田和也氏による圧巻のド・ゴール論も収録。

(目次)
■序
■戦 争
■気 骨(カラクテール)
■威 信
■ドクトリン――固定した原理、原則
■政治家と軍人
■人名用語解説
■ド・ゴール略年譜
■個人的な意志としての“国”――解説に代えて(福田和也)(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 剣の刃
  • 剣の刃

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中