ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ガイドブック五日市憲法草案 日本国憲法の源流を訪ねる

  • ガイドブック五日市憲法草案 日本国憲法の源流を訪ねる

ガイドブック五日市憲法草案 日本国憲法の源流を訪ねる

  • 鈴木富雄/著 鈴木 富雄
    郷土史研究家、「五日市憲法草案の会」(略称「五憲の会」)事務局長。あきる野9条の会・呼びかけ人、これまで五日市憲法草案史蹟など案内142回・2500名を超える。1940年福島県生まれ

  • ページ数
    153p
  • ISBN
    978-4-88900-917-0
  • 発売日
    2015年03月

1,300 (税込:1,404

現在、商品はございません。
「入荷お知らせ」をクリックし、メールアドレスを登録いただきますと、商品入荷時にメールでお知らせをさせていただきます。

詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本国憲法の基本理念となっている天賦人権説、平等権、個人の尊重、教育権、地方自治、国民主権などを時代に先んじて記した、民権意識あふれる近代日本の黎明期の私擬憲法。美知子皇后が意味を高く評価したことで話題となり現憲法の源流的意味を持つものとして注目されている。
目次
第1章 五日市憲法草案とは(なぜ今、五日市憲法草案に大きな関心が…
発見の経緯
主な条文と対応する日本国憲法条文
内外の研究者から高い評価)
第2章 なぜ五日市憲法草案は作られたのか(自由民権運動を背景に―農民一揆と不平士族の反乱
なぜ五日市であったのか
五日市学芸講談会とは)
第3章 五日市憲法草案は誰が書いたのか(起草者千葉卓三郎について
千葉卓三郎の思想と制法論
深澤家とのかかわり
卓三郎亡きあとの深澤権八
その後の深澤家
その後の自由民権運動
困民党の運動に)
第4章 五日市憲法草案と日本国憲法(五日市憲法草案の精神はどのように日本国憲法に受け継がれているのか
GHQが原案作成に着手した背景
GHQ原案策定を3つの側面から見ると)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

入荷 発売日お知らせ

メールアドレス

    • ドメイン指定受信をされている方は、「@omni7.jp」を受信できるように指定してください。
  • 商品入荷後メールでご連絡いたします。(入荷状況によりメールが配信されない場合がございます。)
  • 当サービスは予約ではありません。
  • 商品入荷後、メールにてご連絡いたします。その際にご注文なさるかご検討ください。
  • 人気商品は注文が集中する為、すぐに品切れになる場合があります。
  • 入荷待ちの場合、「入荷お知らせ」ボタンが表示されている場合、ご登録いただきますと、入荷時にご連絡いたします。
  • 在庫状況は常に変化している為、随時変更する場合があります。
  • お知らせを受取りたいメールアドレスをご選択ください。
  • 商品の予約(注文)の日付が決まりましたらメールでお知らせします。
  • メールアドレスに間違いがないかご確認の上、「登録する」ボタンを押してください。

閉じる

  • ガイドブック五日市憲法草案 日本国憲法の源流を訪ねる
  • ガイドブック五日市憲法草案 日本国憲法の源流を訪ねる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中