ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 大間原発と日本の未来

  • 大間原発と日本の未来

大間原発と日本の未来

  • 野村保子/著 野村 保子
    北海道函館市生まれ。フリーライター。1980年代から無農薬野菜の共同購入グループに参加。1994年から反原発運動にかかわる

  • ISBN
    978-4-902269-76-5
  • 発売日
    2015年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,900 (税込:2,052

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • プルトニウムを消費するために下北半島の突端に建設されている世界初のフルMOX原発“大間原発”。対岸の函館市で20年以上その建設反対運動にかかわってきた著者が、“世界一危険な原発”を様々な角度から検証し、大間町にそれができるまでの背景を自身の体験と多くの人々の言葉から満腔の思いで描いた、日本のいまと未来を考えるための“辺境”からの現場報告。
目次
豊かな海にあらわれた“怪物”
大間町訪問―二〇一二年八月
危険な原発を受け入れたまち
大間町で反対する人―熊谷あさ子さんの闘い
大間町で反対する人々―市民グループと漁師たちの闘い
対岸のまち函館の反対運動―“ストップ大間原発道南の会”ができるまで
裁判にいたる道
フルMOX原発の危険性
改良型沸騰水型軽水炉ABWRとは何か
危険な実験―初めてづくしの大間原発
なぜ大間町だったのか―“犠牲”となる下北半島
函館の反原発運動の広がり
大間原発の未来の姿
変わる大間町
地方自治体が原発を止める―函館市の挑戦

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 大間原発と日本の未来
  • 大間原発と日本の未来

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中