ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 国のことばを残せるのか ウェールズ語の復興

  • 国のことばを残せるのか ウェールズ語の復興

国のことばを残せるのか ウェールズ語の復興

  • 松山明子/著 松山 明子
    ウェールズ大学カーディフ校に留学。留学中にウェールズ語学習者向けの試験Defniddio’r Gymraeg(GCSE Oレベル相当)合格。鶴見大学文学部英語英米文学科准教授

  • シリーズ名
    比較文化研究ブックレット No.13
  • ページ数
    55p
  • ISBN
    978-4-87645-538-6
  • 発売日
    2015年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

602 (税込:650

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • イギリス南西部に位置するウェールズ。そこで話される「ウェールズ語」が辿った「衰退」と「復興」。言語を存続させるための行動を理解することで、私たちにとって言語とは何か、が見えてくる。
目次
第1章 ウェールズ語はどのような言語か
第2章 衰退への2つの波
第3章 言語境界線の移動と次世代の言語
第4章 ウェールズ語と学校教育
第5章 復興への取り組み

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 国のことばを残せるのか ウェールズ語の復興
  • 国のことばを残せるのか ウェールズ語の復興

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中