ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 吉田松陰 幽室の根源的思考

  • 吉田松陰 幽室の根源的思考

吉田松陰 幽室の根源的思考

  • 井崎正敏/著 井崎 正敏
    評論家。1947年、東京生まれ。東京大学文学部倫理学科卒業後、筑摩書房に入社。「ちくま学芸文庫」編集長、「ちくま新書」編集長、専務取締役編集部長などを経て、2001年に退社、評論活動に入る。この間に武蔵大学客員教授、東京大学・明星大学非常勤講師なども務めた

  • シリーズ名
    言視舎評伝選
  • ページ数
    275p
  • ISBN
    978-4-86565-016-7
  • 発売日
    2015年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,700 (税込:2,916

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 幽室の思想者・松陰の行動と思考を追体験し、「大和魂」という荒ぶる魂を鎮魂する試み。左右のイデオロギーに染まった読解とは異なり、煩悶する松陰の生身の思考に迫る書き下ろし評伝。
目次
序章 いま一度問う、「吉田松陰とはだれか」
第1章 若き兵学者が駆ける―発見への旅
第2章 敵国密航計画―もうひとつの攘夷
第3章 幽室の教育者―「だれでも聖人になれる」
第4章 幽室の思索者―日本人すべてが対等な理由
第5章 幽室の行動者―雄略案と要撃策
第6章 「草莽」が起ちあがる―独立した主体
第7章 死中に生をもとめる―精神の不滅
終章 留魂か鎮魂か

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

商品のおすすめ

いま松陰を追体験する意味はどこにあるのか?
松陰の本質は書き残されたもののなかにしか存在しない。『全集』というテキストを徹底的に読み破ることから見えてきたもの、それは松陰の着地点が私たちの出発点であるということである。――幽室の思想者・松陰の行動と思考を追体験し、「大和魂」という荒ぶる魂を鎮魂する試み。左右のイデオロギーに染まった読解とは異なり、煩悶する松陰の生身の思考に迫る書き下ろし評伝。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 吉田松陰 幽室の根源的思考
  • 吉田松陰 幽室の根源的思考

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中