ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アップル、グーグルが神になる日 ハードウェアはなぜゴミなのか?

  • アップル、グーグルが神になる日 ハードウェアはなぜゴミなのか?

アップル、グーグルが神になる日 ハードウェアはなぜゴミなのか?

  • 上原昭宏/著 山路達也/著 上原 昭宏
    1975年京都府生まれ。奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科博士前期課程修了。工学博士。デジタルカメラメーカーにてASIC開発、(株)ニデックにて人工視覚システム研究開発に従事した後、2011年、(株)エージーリミテッド役員就任。現在は、合同会社わふう代表社員、リインフォース・ラボ個人事業主

    山路 達也
    1970年三重県生まれ。東京大学文学部卒。ライター/エディターとして環境、IT分野で活動中

  • シリーズ名
    光文社新書 749
  • ページ数
    176p
  • ISBN
    978-4-334-03852-6
  • 発売日
    2015年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

740 (税込:799

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • パソコンやスマートフォンだけでなく、身の回りの様々なモノがクラウドにつながる「モノのインターネット化」(インターネット・オブ・シングス=IoT)。2014年以降、この市場が急速に成長している。その中心となっているのが、アップルとグーグル。人が操作することなしに機器同士がデータをやりとりし、自動的に動いてくれたり、私たちの行動を決定づけたりする時代が目前にきている。ホームオートメーションからヘルスケア、自動車業界やサービス業まで、いまだかつてない新しい「体験」をつくることで、巨大IT企業は何をしようとしているのか?私たちのライフスタイルを、どのように変えていこうとしているのか―?進化するウェアラブルや、最先端テクノロジーもやさしく解説しながら、近い将来像について語る。
目次
第1章 IoTの最後のピース、BLE(BLEというイノベーション
「ビーコン」はネットにおける不動産)
第2章 リアルとネットの融合する世界(ホームオートメーションとヘルスケア
誰にデータを預けられるか?
新たな「中世」がやって来る)
第3章 新たなビジネスの生態系(没落する日本のエレクトロニクス産業
ものづくりの世界で起こっていること
ハードウェアは「ゴミ」である
IoT時代を生きる)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • アップル、グーグルが神になる日 ハードウェアはなぜゴミなのか?
  • アップル、グーグルが神になる日 ハードウェアはなぜゴミなのか?

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中