ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • シベリア 温暖化する極北の水環境と社会

  • シベリア 温暖化する極北の水環境と社会

シベリア 温暖化する極北の水環境と社会

  • 檜山哲哉/編著 藤原潤子/編著 檜山 哲哉
    名古屋大学地球水循環研究センター教授。名古屋大学大気水圏科学研究所助手、同・地球水循環研究センター助教授および准教授、総合地球環境学研究所准教授を経て、2014年4月から現職。専門分野は水文学、気候・気象学、地球環境学

    藤原 潤子
    日本学術振興会特別研究員。東北大学東北アジア研究センター機関研究員、総合地球環境学研究所上級研究員などを経て、2014年10月から現職。専門分野は文化人類学、ロシア研究

  • シリーズ名
    環境人間学と地域
  • ISBN
    978-4-87698-315-5
  • 発売日
    2015年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

6,500 (税込:7,150

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人が暮らす最も寒い地域、シベリア。水の凍結と融解が環境を支配し、特有の自然と文化を育んできたこの地は今、大きな変化に晒されている。温暖化による生態系と水環境の変化、社会変化がもたらす影響と、それに適応して生きる人々の姿を描く。
目次
第1部 シベリアの自然と水環境(気候・凍土と水環境
シベリアの植生
シベリアの動物相と温暖化の影響)
第2部 荒ぶる水―シベリアの洪水と社会(シベリアの河川流出
氾濫原の農牧地利用と気候変動
恵みの洪水が災いの水にかわるとき)
第3部 水をめぐる多様なまなざし―北方諸民族の文化にみる水(北方諸民族のフォークロアにみる水観念
チュクチ・カムチャツカ諸語のフォークロアにみる自然観
口琴ホムスを通じてみたサハの自然と人)
第4部 気候変化への社会の適応(適応と脆弱性
資源動物利用に関わる環境変動と住民の適応
洪水リスクへの適応―サハ共和国の移住政策
シベリアの水環境変動と社会適応―東日本大震災との対比からみたリスクへの対応)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • シベリア 温暖化する極北の水環境と社会
  • シベリア 温暖化する極北の水環境と社会

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中