ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 気高き夢に抱かれて

  • 気高き夢に抱かれて

気高き夢に抱かれて

  • コートニー・ミラン/著 水野凜/訳 ミラン,コートニー(Milan,Courtney)
    コンピューター・プログラマーや犬の訓練士といった様々な職業を経て、2010年に作家デビュー。以来、ニューヨーク・タイムズやUSAトゥデイのベストセラー・リストの常連となり、RITA賞ファイナリストにも選ばれた人気作家である。現在はロッキー山脈のそばで夫とともに暮らしている

  • シリーズ名
    ライムブックス ミ1-1
  • ページ数
    421p
  • ISBN
    978-4-562-04470-2
  • 発売日
    2015年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

940 (税込:1,015

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 夜会の喧噪を避けて、図書室に身を潜めていた公爵ロバートは、偶然そこに飛び込んできたミニーと出逢う。彼女は口先ばかりの求婚者から逃れてきたのだった。奥ゆかしく謎めいたミニーに興味を覚えるロバート。かつてミニーはチェスの名手として名を馳せたのだが、今は身元を偽りひっそりと暮らしていた。そんな彼女に、あらぬ嫌疑がかかる。反体制的なビラを書いたというのだ。ロバートは、公爵である自分がミニーに求婚しているふりをすることで疑いの目をそらせるよう協力すると提案する。実は、ロバートこそがビラを書いた張本人だった。彼の秘密と信念を知り、その純粋さに心が揺れるミニー。ロバートもまた、自分を理解してくれる彼女に、生まれてはじめて心をゆるしていた。惹かれあう二人は、それぞれの過去と身分の差を乗り越えられるのか…?

商品詳細情報

フォーマット 文庫
対象年齢 一般

商品のおすすめ

クレモント公爵ことロバートは、夜会の喧噪を避けて図書室に隠れていたところ、地味なドレスを着た、いかにも「壁の花」のようなミリーがそこに飛び込んできた。彼女は口先ばかりの求婚者から逃げてきたのだ。会話をかわすうち、ミリーの風変わりな奥ゆかしさと聡明さに興味を覚えたロバートは……。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 気高き夢に抱かれて
  • 気高き夢に抱かれて

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中