ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 植民地台湾の経済基盤と産業

  • 植民地台湾の経済基盤と産業

植民地台湾の経済基盤と産業

  • 須永徳武/編著 須永 徳武
    1956年生まれ。日本大学大学院経済学研究科博士後期課程研究指導修了退学。現在、立教大学経済学部教授

  • ページ数
    404p
  • ISBN
    978-4-8188-2371-6
  • 発売日
    2015年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

6,000 (税込:6,480

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 鉄道、糖業、農業、石炭産業、労働市場などから何が見えるか。物流の形成、制度の移植、産業化と市場の三点から植民地台湾の経済発展と市場の生成について論究する。
目次
課題と視角
第1部 物流の形成(鉄道業の展開―推計と実態
鉄道貨物輸送と地域間分業
糖業鉄道の成立と展開
海上輸送の変容)
第2部 制度の移植(鉄道建設と鹿島組
甘蔗作における「施肥の高度化」と殖産政策
農業技術の移植と人的資源
商工会議所議員の植民地的特質)
第3部 産業化と市場(汽車会社台北支店の製作事業―汽車会社と台湾
石炭産業の発展
動力革命と工場立地
中国人労働者の導入と労働市場)
総括と展望

商品詳細情報

フォーマット 単行本

ページの先頭へ

閉じる

  • 植民地台湾の経済基盤と産業
  • 植民地台湾の経済基盤と産業

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中