ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 津田左右吉、大日本帝国との対決 天皇の軍服を脱がせた男

  • 津田左右吉、大日本帝国との対決 天皇の軍服を脱がせた男

津田左右吉、大日本帝国との対決 天皇の軍服を脱がせた男

  • 大井健輔/著 大井 健輔
    昭和56年(1981)2月28日生まれ。千葉県柏市出身。立教大学文学部史学科卒。同大文学研究科史学専攻修士課程修了。同大同博士課程中退。研究分野は日本思想史

  • ページ数
    383p
  • ISBN
    978-4-585-22111-1
  • 発売日
    2015年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,200 (税込:3,456

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 明治末年、津田は日本近代の破局を予言した。天皇を軍事指導者に祀り上げる帝国に真っ向から対抗し、その本来の姿を説いた「津田裁判」。法廷対決に秘められた歴史の叡智とは?戦後70年、全く新しい「格闘する」評伝、津田左右吉。
目次
第1章 煩悶する明治青年の肖像―藤村操自殺の衝撃(底流としての佐幕
一茶論に現れる理想的人間像
一年で東京専門学校を卒業する ほか)
第2章 大正デモクラシー時代の国民性批判―エルテルからファウストへ(鴎外『かのやうに』が示す歴史家の宿命
自らの来歴を説明できない日本人
宿命を乗り越える歴史学 ほか)
第3章 東洋の日本で無く世界の日本であれ―昭和に現れた「脱亜論」(本居宣長の「からごころ」批判
内藤湖南、井上哲次郎らへの批判
不機嫌な津田 ほか)
第4章 大日本帝国との対決―「軍人天皇」から「国民の天皇」へ(帝国日本の正統性を問う裁判
帝国の唯物主義
宿命としての軍人天皇 ほか)
第5章 戦後日本人への項門の一針―成長なき日本人へ(敗戦
戦争中から「去勢」されていた日本人
生活は「なる」ことではなくして「する」ことである ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 津田左右吉、大日本帝国との対決 天皇の軍服を脱がせた男
  • 津田左右吉、大日本帝国との対決 天皇の軍服を脱がせた男

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中