ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 忘れられた詩人の伝記 父・大木惇夫の軌跡

  • 忘れられた詩人の伝記 父・大木惇夫の軌跡

忘れられた詩人の伝記 父・大木惇夫の軌跡

  • 宮田毬栄/著 宮田 毬栄
    1936年、大木惇夫の次女として東京に生まれる。早稲田大学文学部仏文科を卒業後、中央公論社に入社し、主に文芸部門を担当する。文芸誌「海」編集長、書籍編集部部長、雑誌編集局局次長などを務め、97年に退社。以後、文筆・講演活動を続けている

  • ページ数
    480p
  • ISBN
    978-4-12-004704-6
  • 発売日
    2015年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,600 (税込:4,968

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 広島での貧乏にひしがれた幼少年期。初恋の傷跡。文学を夢見た苦難の日々―。北原白秋に稟質を絶讃された詩集『風・光・木の葉』で鮮烈なデビューを果たしながら、戦争の時代に遭遇し、後半生を狂わされていった抒情詩人の悲痛な生涯を追う決定版評伝。
目次
幼少年期
父の初恋
恋の終わりの時
銀行員に
東京へ
博文館記者に
花嫁
新生活
小田原―白秋との出会い
詩人としての出発〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

北原白秋に詩の稟質を絶賛され鮮烈なデビューを果たしながら、戦争の時代に翻弄されて後半生を狂わされていった抒情詩人の全貌を描く。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 忘れられた詩人の伝記 父・大木惇夫の軌跡
  • 忘れられた詩人の伝記 父・大木惇夫の軌跡

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中