ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 司法が凶器に変わるとき 「東金女児殺害事件」の謎を追う

  • 司法が凶器に変わるとき 「東金女児殺害事件」の謎を追う

司法が凶器に変わるとき 「東金女児殺害事件」の謎を追う

  • 三宅勝久/著 三宅 勝久
    1965年岡山県生まれ。カメラマンとして中南米・アフリカの紛争地などを取材、『山陽新聞』記者を経てフリージャーナリスト。2003年『週刊金曜日』に連載した武富士批判記事をめぐって同社から1億1000万円の賠償を求める訴訟を起こされるが、最高裁で武富士の敗訴確定。不当訴訟による損害賠償を同社と創業者の武井保雄氏から勝ち取る。自衛隊内の虐待問題や政・官・学・財・司法の腐敗などをテーマに記事を書いている

  • ISBN
    978-4-88683-776-9
  • 発売日
    2015年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,700 (税込:1,870

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • もう忘れ去られた東金女児殺害事件は、48年前の布川事件と同じく、今も変わらずに“作文調書”で犯人が作られることを教えてくれる。
目次
第1章 指紋の迷路
第2章 証言の迷路
第3章 記憶の迷路
第4章 密室の迷路
第5章 調書の迷路
第6章 法廷の迷路

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 司法が凶器に変わるとき 「東金女児殺害事件」の謎を追う
  • 司法が凶器に変わるとき 「東金女児殺害事件」の謎を追う

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中