ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「困っている」子どものこと一番に考えられますか? 発達障がい、不登校、元気な子…すべての生徒に独自のインクルーシブ教育を

  • 「困っている」子どものこと一番に考えられますか? 発達障がい、不登校、元気な子…すべての生徒に独自のインクルーシブ教育を

「困っている」子どものこと一番に考えられますか? 発達障がい、不登校、元気な子…すべての生徒に独自のインクルーシブ教育を

  • 太田功二/著 太田 功二
    1957年、兵庫県神戸市生まれ。大学卒業後、水泳インストラクターを経て神戸市内の私立学校で「保健体育」の教員となる。1997年、大阪市の「学校法人岡崎学園東朋高等専修学校」に赴任。2006年、校長となる。増え続ける不登校や発達障がい傾向の生徒に光を当て、専修学校の特長を活かした様々な教育改革を実践。健常児と障がい児の関係だけでなく、不登校やひきこもり、非行なども含めた「共生教育」「自立支援」が高い評価を得て、多くの教育関係者から注目の的となる

  • ページ数
    210p
  • ISBN
    978-4-902776-91-1
  • 発売日
    2015年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 話が伝わらない。パニックを起こす。学校へ通えない…。「自分は何者か?」理由もわからず、もがき苦しんでいた子どもたち。「特別支援」とは誰のものか―。学校立て直しを任された男性校長が見たもの―それは決して「特別じゃない」物語。
目次
はじめに―「困っている」を見捨てない
第1章 転んだときの起き上がり方
第2章 本当に「できない」のか
第3章 高校の真似事
第4章 管理教育からの逆転
第5章 その子とどれだけ話したか
最終章 流れ続けるもの
あとがき―「縁」

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

かつて生徒の問題行動が絶えなかった大阪の高等専修学校。
「生活指導の強化」を目的に招かれた著者は、赴任後、 非行や不登校の背景に生徒の「自信のなさ」や「発達障がい」が潜んでいることを知る。
しかし、学校はそうした生徒たちに厳しい指導と校則といった管理教育を敷いていた。
増え続ける退学者。生徒数は減少傾向にあった。
学校立て直しを任された著者は、常態化されていた画一的指導から十人十色の個性教育で、不登校や発達障がいのための環境を整えていく。
傾きかけた生徒数は、およそ10年で4倍にまで膨れ上がった。
今、大人たちがやらなければならない「本当の自立支援」とは何なのか。
「困っている」子どもと向き合い、その答えを探し続けた男性校長のドキュメンタリー。

話が伝わらない。パニックを起こす。学校へ通えない…。
「自分は何者か?」理由もわからず、もがき苦しんでいた子どもたち。
「特別支援」とは誰のものか―。学校立て直しを任された男性校長が見たもの―それは決して「特別じゃない」物語。

ページの先頭へ

閉じる

  • 「困っている」子どものこと一番に考えられますか? 発達障がい、不登校、元気な子…すべての生徒に独自のインクルーシブ教育を
  • 「困っている」子どものこと一番に考えられますか? 発達障がい、不登校、元気な子…すべての生徒に独自のインクルーシブ教育を

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中