ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 首狩の宗教民族学

  • 首狩の宗教民族学

首狩の宗教民族学

  • 山田仁史/著 山田 仁史
    1972年宮城県仙台市生まれ。東北大学文学部卒業、京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程満期退学、ミュンヘン大学ドクター・デア・フィロゾフィー(Dr.phil)。宗教民族学・神話学専攻。現在、東北大学大学院文学研究科准教授

  • ISBN
    978-4-480-84305-0
  • 発売日
    2015年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,000 (税込:3,300

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • かつて多くの民族に首狩りの文化が存在した。フィールドワーク、豊富な文献資料を用いて、その実際と精神史的背景を考察する。人類は、なぜ首を狩りたがるのか!(「近刊情報」より)
目次
序章 首狩と日本人(首狩の復活?
日本の首狩? ほか)
第1章 生業と世界観―宗教民族学の見取図(宗教民族学とは
狩猟採集民の世界観 ほか)
第2章 首狩・頭骨・カニバリズム―世界を視野に入れて(関連する諸習俗
首狩の研究史 ほか)
第3章 東南アジアの首狩(“首狩文化複合”
近現代史における首狩 ほか)
第4章 台湾原住民の首狩(台湾の原住民
探検の時代 ほか)
終章 なぜ首を狩ったのか?―農耕・神話・シンボリズム(イェンゼンの学説
起源神話と世界像 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 首狩の宗教民族学
  • 首狩の宗教民族学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中