ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • IT社会事件簿

  • IT社会事件簿

IT社会事件簿

  • 矢野直明/〔著〕 矢野 直明
    サイバーリテラシー研究所代表。1966年に朝日新聞入社。1988年、『ASAHIパソコン』を創刊して初代編集長。『月刊Asahi』編集長を経て、1995年から出版局デジタル出版部長兼『DOORS』編集長。2002年に朝日新聞を退社後、サイバーリテラシー研究所を開設、持論のサイバーリテラシー普及に取り組む。慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所、明治大学法学部、情報セキュリティ大学院大学、サイバー大学IT総合学部などで教職につく

  • シリーズ名
    ディスカヴァー携書 141
  • ISBN
    978-4-7993-1642-9
  • 発売日
    2015年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,100 (税込:1,188

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • インターネットの本格普及から20年。ドクター・キリコ、ウィニー、学校裏サイト、秋葉原無差別大量殺傷事件、ウィキリークス、アラブの春、リベンジポルノ、バカッター…あの事件は何を変えたのか?私たちはどう生きるか?
目次
1 突如現れたサイバー空間が新たな事件を生んだ(青酸カリをめぐるドクター・キリコ事件(1998)
東芝アフターサービス事件(1999)
出会い系サイトをめぐる事件多発(2001) ほか)
2 社会構造の根幹を揺るがす(ウィニーによる情報漏洩と開発者の逮捕(2002-)みずほ証券の株誤発注事件(2005)
ライブドアと村上ファンド(2006))
3 現実が蝕まれ、混迷深まる(学校裏サイトやプロフ 子どもたちの情報発信といじめ(2006-)
秋葉原無差別大量殺傷事件(2008)
三菱UFJ証券社員による顧客情報持ち出し(2009) ほか)
4 足元に押し寄せてきた危険(東日本大震災とソーシャルメディア(2011)
サイバー攻撃&アノニマス&サイバー戦争(2010ー)ツイッターによる安易なつぶやき(2011) ほか)
5 世界を変容させるソーシャルメディアの力(クリントン・スキャンダル(1998)
ウィキリークスによる情報暴露(2010)
アラブの春(2011) ほか)
6 未来を生きるためのサイバーリテラシー(IT社会が抱える問題点
it社会の難点と懸念)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • IT社会事件簿
  • IT社会事件簿

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中