ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 発達障害の謎を解く

  • 発達障害の謎を解く

発達障害の謎を解く

  • 鷲見聡/著 鷲見 聡
    1959年、茨城県に生まれる。小児科医。1985年名古屋市立大学医学部卒業。名古屋市児童福祉センター(1989~1998年)および名古屋市西部地域療育センター(2004~2014年)に合わせて20年余にわたって勤務し、2000名以上の発達障害児の診療を行ってきた。1998年から2004年にかけて、名古屋市立大学病院小児科において遺伝性疾患の診療と研究に従事、医学博士号を取得。専門は小児精神医学、発達精神病理学、臨床遺伝学。2015年4月より上林記念病院こども発達センター・センター長

  • シリーズ名
    日評ベーシック・シリーズ
  • ページ数
    142p
  • ISBN
    978-4-535-80658-0
  • 発売日
    2015年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「発達障害(神経発達症群)」はDSM-5改定最大の目玉でもあった。遺伝・環境要因、診断基準を問い直し、発達障害の謎に迫る。(「近刊情報」より)
目次
第1章 疫学研究からみた発達障害(疫学研究からみた自閉症スペクトラム
自閉症スペクトラムはどこまで増加するのか ほか)
第2章 遺伝と環境・総論(発達障害の原因論―人間の多様性の1つとして捉える
遺伝要因と環境要因を考える)
第3章 遺伝と環境・各論(遺伝子研究の現状と展望
間違った環境要因説からの教訓 ほか)
第4章 発達障害を考え直す(診断分類の変遷
「発達障害」の過去と未来 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 発達障害の謎を解く
  • 発達障害の謎を解く

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中