ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • カウンセリングと人間性

  • カウンセリングと人間性

カウンセリングと人間性

  • 河合隼雄/著 河合 隼雄
    1928年~2007年。兵庫県生まれ。京都大学理学部卒業。臨床心理学者。京都大学名誉教授。1962年にスイスのユング研究所に留学し、日本人として初めてユング派分析家の資格を取得。帰国後、京都大学教育学部で臨床心理学を教えるかたわら、ユングの分析心理学を日本に紹介し、その発展と確立に寄与。1995年、国際日本文化研究センター所長、2002年、第一六代文化庁長官に就任

  • シリーズ名
    創元こころ文庫 河合隼雄セレクション
  • ISBN
    978-4-422-00051-0
  • 発売日
    2015年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,320

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本社会にカウンセリングおよび臨床心理学を根付かせた第一人者として知られる著者が、初期の頃に書いた論説や講演をまとめた同名書籍の文庫版。カウンセリングを型にはまったものとしてではなく「人間性」という視点から、柔軟に多面的に捉えた内容で、専門家だけでなく一般読者もおもしろく読める。黎明期にすでにカウンセリングの本質的な問題点が的確に指摘されている点は注目に値する。文庫版巻末解説は、著者の弟子で京都大学大学院教授、桑原知子氏。(「近刊情報」より)
目次
1 カウンセリング場面と人間性(うそと真実
偏見のカウンセリング
責任感
カウンセリングと「ゆとり」
「考えさせる」こと
馬が合う・虫が好かぬ
個性をとらえる)
2 講演記録から(カウンセリングとコンプレックス
学校カウンセリングの問題点
適応とは何か)
3 理論的考察(日本におけるロジャーズ理論の意義
カウンセラーの態度―現象学的接近法の問題
自殺の象徴的意味について―ユング派の視点から)
付録 箱庭療法の理論と実際(技法と発展の過程
箱庭の見方
一つの事例(学校恐怖症)
理論的考察
主題の展開(いろいろな事例))

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • カウンセリングと人間性
  • カウンセリングと人間性

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中