ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 藤田嗣治とは誰か 作品と手紙から読み解く、美の闘争史。

  • 藤田嗣治とは誰か 作品と手紙から読み解く、美の闘争史。

藤田嗣治とは誰か 作品と手紙から読み解く、美の闘争史。

  • 矢内みどり/著 矢内 みどり
    美術史家。東京に生まれる。慶応義塾大学で美学美術史学を専攻し1975年卒業。その後、同学でフランス文学を専攻。卒論は「日本人の美意識と桜」「ユイスマンスの『さかしま』とギュスターヴ・モローのサロメ像」。目黒区美術館で約三十年間学芸員として、「レオナール・フジタ 絵と言葉展」「高野三三男アールデコのパリとモダン東京」展、「山名文夫 永遠の女性像・装いの美学」展など実施

  • ページ数
    238p
  • ISBN
    978-4-7630-1501-3
  • 発売日
    2015年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,600 (税込:2,808

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 天才画家の意外な素顔。武家の血筋を受け継ぐ、絵筆で闘った侍!窮地を救い支えた人々との交流、知られざる暮らしが今、活き活きと蘇る。未発表の新資料、手紙、葉書が満載。
目次
1章 作品の系譜を問う
2章 青春の日々
3章 藤田家の人々
4章 フランク・エドワード・シャーマンと戦後
5章 最後のフランス暮らし(すべてを絵画制作のために
藤田家の食卓
作品―都市パリからキリスト教へ
藤田の作品論
展覧会の開催と出品
富永惣一による藤田嗣治論
フランス国籍をとる
妻・君代への愛情
画家の死
パリのアトリエを拡げる
パリでの社交生活
ヴィリエ・ル・バクルの田舎暮らし
病との闘い)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 藤田嗣治とは誰か 作品と手紙から読み解く、美の闘争史。
  • 藤田嗣治とは誰か 作品と手紙から読み解く、美の闘争史。

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中