ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 空想法律読本 〈12月24日住居侵入事件〉編

  • 空想法律読本 〈12月24日住居侵入事件〉編

空想法律読本 〈12月24日住居侵入事件〉編

  • 盛田栄一/著 片岡朋行/法律監修 盛田 栄一
    空想科学研究所法律分室研究員。1960年東京都生まれ。千葉大学卒業後、フリーライターとして雑誌などで活躍

    片岡 朋行
    1970年静岡県生まれ。名古屋大学卒業後、98年弁護士登録。ヴァスコ・ダ・ガマ法律会計事務所にて、韓国を中心とする国際法務、メディア・エンタテインメント、スポーツ法務などに従事

  • ISBN
    978-4-04-067458-2
  • 発売日
    2015年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

900 (税込:972

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 空想世界のできごとを最新の法律で裁いたら、どんな判決になる?「法律の本質」が見えてくる!『逆転裁判』から『ハピネスチャージプリキュア』まで全20事件!
目次
『遊☆戯☆王』→盤上遊戯決闘事件―命がけカードバトルは決闘罪か?
『機動戦士ガンダム』→民間人国防兵器窃盗事件―ガンダムでジオン軍と戦ったアムロは犯罪者?
『ハピネスチャージプリキュア!』→中学生女性警察官変装事件―民間人が警察官に変装するのはどんな罪なのか?
『サーバント×サービス』→親権者命名権濫用事件―80文字以上の長い名前は許されるのか?
『ゴジラ』→怪獣目撃者軟禁事件―パニックを防ぐためにゴジラの目撃者を軟禁していいのか?
『サンタクロース』→12月24日住居侵入事件―他人の住居に無断侵入する老人は犯罪者か?
『花咲かじじい』→悪質隣人器物損壊事件―温厚な老夫婦と強欲な老夫婦の隣人トラブルを法はどう裁く?
『逆転裁判』→法廷内暴言暴行事件―検察官なら法廷で自由に振る舞ってもいいのか?
『ノラガミ』→携帯番号落書事件―あちこちに落書きしまくる神は罰せられるのか?
『ソードアート・オンライン』→電脳仮想世界殺人事件―ゲームのなかで人を殺す行為を殺人罪に問えるのか?〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 空想法律読本 〈12月24日住居侵入事件〉編
  • 空想法律読本 〈12月24日住居侵入事件〉編

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中