ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 政策法務の最前線

  • 政策法務の最前線

政策法務の最前線

  • 山口道昭/著 山口 道昭
    立正大学法学部教授。1955年川崎市生まれ。1978年慶應義塾大学法学部卒業、川崎市役所入庁。主な職務は福祉行政、職員研修、地方分権。2002年立正大学法学部教授。専攻は政策法務論、地方自治論、行政学

  • ページ数
    319p
  • ISBN
    978-4-474-03362-7
  • 発売日
    2015年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,700 (税込:2,916

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 政策立案、地方公務員制度改革、生活保護行政等について、政策法務の観点から言及した唯一の書!!
目次
第1部 行政学の課題からみた政策法務(行政改革と自治体政策法務
国と自治体の政策対立と政策法務
政治・政策と政策法務―政策法務は政策に中立か)
第2部 自治体職員と政策法務(地方公務員制度改革と自治体政策法務
「調査する職員」と地方公務員制度改革の課題
自治体職員の専門性とは何か―自治体業務の外部化のなかで)
第3部 生活保護の政策法務(生活保護をめぐる人権と財政―自治体政策法務の観点からの検討
生活保護の政策法務
続・生活保護の政策法務)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 政策法務の最前線
  • 政策法務の最前線

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中