ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 朝鮮と日本に生きる 済州島から猪飼野へ

  • 朝鮮と日本に生きる 済州島から猪飼野へ

朝鮮と日本に生きる 済州島から猪飼野へ

  • 金時鐘/著 金 時鐘()
    1929年、釜山生まれ。詩人。1948年の済州島四・三事件を経て来日。1953年に詩誌『ヂンダレ』を創刊。日本語による詩作を中心に、批評などの執筆と講演活動を続ける

  • シリーズ名
    岩波新書 新赤版 1532
  • ページ数
    291p
  • ISBN
    978-4-00-431532-2
  • 発売日
    2015年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

900 (税込:972

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 済州島四・三事件、猪飼野での暮しなど波乱万丈の半生を語る自伝的回想。『図書』連載に大幅加筆。(「近刊情報」より)
目次
第1章 悪童たちの中で
第2章 植民地の「皇国少年」
第3章 「解放」の日々
第4章 信託統治をめぐって
第5章 ゼネストと白色テロ
第6章 四・三事件
第7章 猪飼野へ
第8章 朝鮮戦争下の大阪で
終章 朝鮮籍から韓国籍へ

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

日本統治下の済州島で育った著者(一九二九~)は、天皇を崇拝する典型的な皇国少年だった。一九四五年の「解放」を機に朝鮮人として目覚め、自主独立運動に飛びこむ。単独選挙に反対して起こった武装蜂起(四・三事件)の体験、来日後の猪飼野での生活など波乱万丈の半生を語る詩人の自伝的回想。『図書』連載に大幅加筆。

ページの先頭へ

閉じる

  • 朝鮮と日本に生きる 済州島から猪飼野へ
  • 朝鮮と日本に生きる 済州島から猪飼野へ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中