ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 売れる販売員が絶対言わない接客の言葉

  • 売れる販売員が絶対言わない接客の言葉

売れる販売員が絶対言わない接客の言葉

  • 平山枝美/著 平山 枝美
    接客アドバイザー。大学卒業後、アパレル企業に入社。接客のひと言に磨きをかけ、社内全販売員200人の売上トップに。その後、店長として新規店を担当し予算比180~200%達成。その実績が認められ、入社最速でエリア・マネジャーに抜擢される。担当店舗のマネジメントと店長の育成を担当しながら、不採算店舗を次量と立て直し、売上年間10位だった既存店を1位に押し上げるなどの実績を残した。その手腕を活かし、全国の店長育成を担当。大手アパレルに移籍し、店長の育成に携わった後、独立

  • ページ数
    221p
  • ISBN
    978-4-534-05259-9
  • 発売日
    2015年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 最初の「声がけ」が苦手。お客様のニーズをうまくつかめない。商品説明しても反応がイマイチ。もうひと押しができない―。「接客の言葉」をすこし変えるだけで「売れる販売員」になれます。「この人から買いたい」と思わせる“言葉遣い”がすぐに身につく!
目次
第1章 最初の「お声がけ」はむずかしくない(「いらっしゃいませ、どうぞご覧ください」は耳障り!?
「お買い得になっております」は万能ではない ほか)
第2章 答えづらい質問はしない(お客様の外見だけで好みを判断しない
「どんな人ですか?」という質問は答えにくい ほか)
第3章 お客様が聞きたくなる商品説明のコツ(お客様を不安にさせる語尾「○○と思います」
誤解されやすい定番フレーズに注意 ほか)
第4章 決め手になる言葉でひと押しする(「売れています」だけでは決め手にならない理由
「最後の一点です」はタイミング次第 ほか)
第5章 ずっと大切にしたい接客の基本(お客様を引き寄せる表情をつくろう
待ち構えるとお客様は逃げる ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

「言われたとおりにやったら売上が上がった」
小売業の現場の販売員から絶大な信頼と支持を集める接客アドバイザーがそのノウハウを初公開。

「最初のお声がけが苦手」
「お客様のニーズをうまくつかめない」
「商品説明してもお客様の反応がイマイチ」
「もう一押しができない」
こうした販売員の悩みは「接客の言葉」を変えるだけで一気に解決します。

同じ店で同じ商品を扱っていても、販売員によって売上に差が出るのは「接客の言葉」が違うから。
ふつうの販売員はつい言ってしまうけれど、売れる販売員が絶対言わない接客の言葉があります。
NGフレーズとOKフレーズを対比し、どのように言い換えればよいのかをていねいに解説。

×「売れています」 → ◯「初心者の方に人気です」
×「私も持っています」 → ◯「~するときに便利です」
×「暖かいと思います」 → ◯「暖かいです」

本書を読めば、「あなたから買いたい」と思わせる“言葉遣い"がすぐに身につく!

ページの先頭へ

閉じる

  • 売れる販売員が絶対言わない接客の言葉
  • 売れる販売員が絶対言わない接客の言葉

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中