ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 賀茂真淵門流の万葉集研究

  • 賀茂真淵門流の万葉集研究

賀茂真淵門流の万葉集研究

  • 片山武/著 片山 武
    1933年6月愛知県に生まれる。1956年3月愛知学芸大学(現愛知教育大学)国語科卒業。1961年3月愛知大学文学部文学専攻科国文学専攻修了。名古屋市立中学校・高等学校勤務を経て金城学院大学文学部国文学科に勤務(平成12年3月金城学院大学退職)。在職中ならびに退職後に愛知大学、名古屋市立大学(看護学校)、豊田高専、桜花学園大学人文学部で非常勤講師をつとめる

近世万葉研究の基礎となる1冊

  • シリーズ名
    万葉叢書 11
  • ISBN
    978-4-944185-15-3
  • 発売日
    2014年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,500 (税込:4,860

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 賀茂真淵の門人たちの万葉研究を実証的に調査した。
    夏目甕麿をはじめ、石塚龍麿や八木美穂、楫取魚彦、草鹿砥宣隆など、真淵門流の近世国学者たちの万葉研究書を翻刻するとともに、そこに著者独自の解説を加え、近世の国学者たちの功績を紹介している。
目次
遠州の国学者たち
遠州の宣長門人 高林方郎について
『諸記』について
夏目甕麿著『萬葉摘草』について
湖西を築いた人、夏目甕麿の万葉集研究―『祷釜嚴釜考』
石塚龍麿著『萬葉集種々考』
石塚龍麿著『萬葉集漂柱・中下』について
八木美穂著『柿本朝臣人麿短歌解』(玉藻鈔)について
八木美穂著『萬葉略解補闕』について
八木美穂著『萬葉集補闕』(筑波大学本)について〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 賀茂真淵門流の万葉集研究
  • 賀茂真淵門流の万葉集研究

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中