ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ダンゴウオの海

  • ダンゴウオの海

ダンゴウオの海

  • 鍵井靖章/写真・文 鍵井 靖章
    1971年、兵庫県生まれ。大学在学中に水中写真家を目指し、伊藤勝敏氏に写真を学ぶ。1998年フリーランスの水中写真家として独立。2011年4月から震災の海、岩手県宮古湾周辺の海底を定期的に撮影しつづける。「ミナミセミクジラの海」にて、1998年に第15回アニマ賞受賞(平凡社)。2003年、日本写真家協会新人賞受賞

  • シリーズ名
    ふしぎびっくり写真えほん
  • ページ数
    33p
  • ISBN
    978-4-577-04270-0
  • 発売日
    2015年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • わずか2cmの小さな魚、ダンゴウオが教えてくれた震災後の海の底のおはなし。だれも見たことのない海を撮り続けた3年半の記録。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22×27cm
対象年齢 小学12年生 小学3

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

東日本大震災が起こったとき,息子は1歳半でした.当時の記憶は息子にはありません.この本の表紙のダンゴウオに「かわいいね」と,そして指先サイズだということを知って「そんなに小さいのか」と喜んで写真を眺めていましたが,津波でめちゃくちゃになった街の様子には,愕然としていました.大きな地震があったということは知っている息子ですが,こういう写真をまじまじと見たことはなかったかもしれません.震災から1年半たった同じ場所の写真,津波のあとはなくなり,人々がまた新たな生活を始めた様子がうつっています.震災直後は魚がいなくなった海でも,数年後は魚が戻ってきました.人間でも魚でも,困難を受け入れて乗り越えていける力があるってことが息子にも伝わったかなと思います.(てつじんこさん 30代・愛知県 男の子5歳、男の子2歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • ダンゴウオの海
  • ダンゴウオの海

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中